WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

スプラトゥーンは「誰でもできることを一番評価してくれる」から面白い

2015.05.28 Game

f3f6af72.jpg

すでに話題沸騰、ボイルホタルイカ状態のゲーム「スプラトゥーン」。正直この手のゲームは苦手そのものだったんですが、遊んでみるととにかく面白いじゃないイカ!それにはちゃんと理由があるんですよね。

FPS・TPSでは敵を倒せないとストレスがマッハ

私はいわゆるFPS、TPSと言われるタイプのゲームがとにかく苦手。これらのゲームは簡単に言うと “3D空間でマッチョの兄さんになって敵を銃で撃って倒す” タイプのゲームです。チーム戦だと敵を多く倒したり、敵陣地を奪い取ると勝ち、なんてルールがあります。で、私が苦手な理由は単純で「うまく敵に狙いを定められない」(エイムがド下手)から。うまく敵に弾丸を当てられない→敵倒せない→勝てない→チームに貢献できない→フラストレーション溜まる→もうヤダー!俺を少しは肯定してくれー!!…という悲しみのスパイラルに陥いるのでもう嫌で嫌でしょうがないんですな。タダのヘタレと言われればそれまでなんですが、そこまで苦しんでゲームやる必要なくない?意味わかんなくない?と思ってこのジャンルには手を出そうとしませんでした。

「床を多く塗ったほうが勝ち」だから誰でも参加できる

スプラトゥーンは4対4でインクを打ち出す武器を手に取り戦うゲーム。インクを敵に当てれば倒すことができる、TPSと言われるゲームの一種になるわけですが、この説明だけだとさっきのゲームと変わらないですね。でもスプラトゥーンの基本ルールである「ナワバリバトル」の勝利条件は敵を倒す数や陣地を奪うことではなく「地面を自分の色のインクで多く塗ったほうが勝ち」。つまり極論を言えば、敵と交戦しないで床を一生懸命塗るだけでもゲームとして成立してしまう!このルールは敵に攻撃を当てるのが苦手な私には最高です。なぜなら移動したり反撃してきたり敵を倒すよりも床を塗るほうが圧倒的に簡単だから!!

splatoon_1.jpg

もちろん敵を倒したほうが戦局が有利になるのは当然ですが、まず床を塗ることなくしてチームの勝利はあり得ない。し、敵にうまく弾を当てられなくても、地面を塗ることには変わりないので、このゲームには実質マトはフィールド全部!ハズレ弾は存在しない!全弾、全肯定!!つまりこの手のゲームが下手くそな私でも「ゲームに参加できる」し「チームにも貢献できる」!ちなみにこのゲーム中は他のプレイヤーとコミュニケーションをとることができません(テキストも声も)。下手だとしても相手がなじってくることはありませんし、出会いは一期一会。そもそもそんなこともする間も無く1試合はあっという間に終わってしまいますしね。

「誰でもできること」に最も高いインセンティブが設定されている

splatoon_2.jpg

スプラトゥーンではRPGのように自分のレベルが設定されています。レベルを上げるためのポイント(経験値)は対戦をすることで溜まっていきます。具体的には対戦中に自分が床を塗った面積に応じてポイントが貯まります(500〜1000ポイント程度)。また勝利チームにも一人300ポイントが与えられる。一方で敵を倒してもポイントは一切入りません。つまり、最も簡単な「床を塗る」という行為に最も高いインセンティブ(見返り)が、次に簡単な「チームの勝利」にはそこそこのインセンティブが与えられるのです。そして最も難しい「敵の撃破」にはインセンティブが付与されない。多くのゲームでは難しいことを達成したことをよりよく評価する傾向がありますが、このゲームはまったくの逆。この操作が上手くない人でも積極的に肯定される仕組みがあるから勝っても負けても、敵に倒されまくったとしても充足感を得られるのです。

まだまだあるけど書ききれない

そもそもこの「インクを射出する」「床を塗る」この操作が本当に気持ち良く作られている。ゼルダの伝説 で剣で草を刈るだけでも楽しい、というのとのと同じですよね。またさっきから床を塗る話ばかりですが、敵を倒すのが当然一番気持ちいい。私のような下手な人でもバリアのような特殊アイテムや他の人と一緒に攻めることで案外敵を撃破できてしまうのも良いところです。塗ってるうちにだんだん狙いが上手くなっていく。いろんなプレイヤーの考察を読むにつけ、装備の組み合わせやマップを理解した戦術など底なしの奥深さを感じます。

デザインも秀逸です。「スミを吹く」ということでイカをモチーフにしたキャラクターもかわいいし、「インクでいたずら」するのが自然に感じるよう、舞台をストリートにしたのもうまい。

スプラトゥーンは難しくて奥が深いゲーム、簡単に遊べるカジュアルなゲーム、両方を備えた “これぞゲームデザインよ!” と言える良いゲームじゃないでしょうか。「社長が訊く」ではアイデアの出し方から実現方法まで書かれていて読んで損なし!…とまあ堅苦しいことはこれくらいにして、あなたもWii Uとスプラトゥーンを買って遊んでみたらいいんじゃなイカな?

2015年4月 | BLOG TOP | 2015年6月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link