WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

iPodは遊びを求める子どもたちへ。iPhone 5は生き急ぐ大人たちへ。

2012.09.13 Gadget

iphone_5_0.jpg

iPhone 5 - スピード、スピード、スピード。

もう既にみんなiPhone 5の仕様をリークで全部知っていたようなものでしたが、無事にiPhone 5が発表されま
した。

アップル - iPhone 5 - これまでで最も薄く、軽く、速いiPhoneです。

iPhone 4Sからの変更点をとりあえず列挙しましょう。

・軽く、薄く、小さくなった。
・画面が4inchの縦長ディスプレイに。解像度は1,136×640px。
 ・画面は大きくなったけど本体の横幅はそのまま。握りにくくなるようなことはない。
・LTE(DocomoでいうところのXi)に対応。高速通信が可能
 ・Apple曰くSoftbank、KDDIでLTE回線が提供される。DocomoでiPhoneが発売されることはないか…
・A6チップ採用。4Sに比べてCPU性能2倍、GPU性能2倍。
 ・バッテリーも長持ちになった。ネットサーフィンは最大8時間。
・薄くなったけどカメラユニットの性能は据え置き。
 ・むしろ高感度強くなった。前面のカバーもサファイアガラスに。
・新型コネクタLightning採用。前後逆にしてもさせちゃう。地味に便利。
・デザインは例のツートン。ブラック&スレート、ホワイト&シルバーの2種類
 ・ブラックはアルミ部分も黒っぽい。かなりソリッドな印象
 ・ホワイトはアルミ部分はiPhne 4/4Sのシルバーパーツに近い質感。
  ・第一印象はブラックの方がかっこいいかな、でも悩む…

こんな具合でしょうか。一番大きい変化は画面サイズが大きく(というか長く)なったこと。日本の携帯も画面が長くなっていったようにiPhoneも同じ進化を歩んでいますね。コミュニケーションを中心に考えると縦長液晶の方が都合がいいのでしょう。当然アプリの対応も必要ですが、従来のアプリも黒い余白が表示されることで同じように使えるようになってます。

そしてそれ以上に重要なのはLTEの採用でしょう。これだけiPhone 5の性能が向上しても通信速度が上がらなければ宝の持ち腐れ。画像や映像が落ちてこないストレスが圧倒的に減ることは間違いない。個人的にこれだけでも十分うれしいです。

あらためて思ったんですが「モバイルはスピードである」と。ライバルであるSamsungのGalaxyがスピード命であるように、iPhone 5も圧倒的なスピードで勝負、ということでしょう。その上でどれだけiPhoneらしいシンプルさに落とし込めるかが重要なポイントでしょうね。事前リークでは悪評も多かった背面ツートンですが、こう見てみるとまったくなしでもないかなぁと思ってしまうのが不思議です。早く実物が見たいですね。


iphone_5_2.jpg

iPod touch・iPod nano - 子どもたちへ遊びを解放しよう

アップル - iPod touch

今回のiPod touchのアップデートはかなりターゲットが明確である。一時はポジションを見失いかけたiPod touchも子どもたちの手によって見事に居場所を見つけることができた。時には言葉もまだはなせないような子どものおもちゃ、そして時には携帯を持つことができない年齢の子どもたちの大切なゲーム&コミュニケーションツールとして。iPod touchもiPhoneのように大画面、薄さ、早さを手に入れたが、一番外見的に変化したのはカラーバリエーションの追加、そしてストラップ。どちらも子どもたちにとっては大切な要素だ。カラーを選ぶことは子どもたちにとっても大切な自己表現である。

iphone_5_1.jpg

そしてストラップがあれば激しい体感ゲームで間違ってiPod touchを放り投げてしまうこともない(こんな悲劇を起こさないためにWiiリモコンのストラップがあるのだ!!)。

iphone_5_3.jpg

アップル - 新しいiPod nanoをマルチタッチで楽しもう。

iPod nanoも再び縦長になってアップデート。タッチ操作という共通項は持ちつつ独自のUIを採用している。タイムライン上ではiPod nanoの外観、そしてインターフェイスデザインがやや不評であったが、その理由もターゲットと戦略上の理由から理解ができる。

外観はカラーバリエーションに前面の白いパネルの組み合わせが標準になった(ブラックだけは前面パネルも黒)。この組み合わせ具合がどうにもTLでは反応がよくなかったがティーン向けのポップで明るい色使いだから、という言い方もできなくもない。またインターフェースがiOS風の画面タッチ&ホームボタンの組み合わせの操作となったが、インターフェースの"顔"ともいえるアイコンがなぜかiOSの角丸四角ではなく丸になっていることもTL上では疑問に思う人が多かった。要するにこれは「タッチ操作でiOSに似てるけど、これはiOSではないんですよ。iPhoneとは違うものですよ」というアピールだったのではないだろうか。ホームボタンのデザインも明らかに丸を使用している。以前から言っているようにiPod nanoは正直もうAppleにとってのうまみはほとんどない。iPhoneやiPod touchのようなiOSデバイスの方がソフトも売れて一石二鳥。つまりAppleはできればiOSデバイスにステップアップしてほしい。であるから、iPod nanoはiOS製品ではない、ということしっかり理解してもらわないとAppleは困ってしまう。ま、角丸こそAppleのアイデンティティだと思うんですけどね。もうnanoは生け贄です。あのおっさんが苦手なポップなカラーリングも逆に言えば(おっさんはお金持ってるんだからこっち買わないでよ…)というメッセージが暗に含まれている気もするのだがどうだろうか。

じゃ、おっさんはiPod nano使っちゃいけないの?という話になるかもしれないけどそうでもない。iPod nanoがついにBluetoothに対応し、無線式のイヤフォンが使えるようになった。Nike+でせっせと肉体改造を目論むオトナたちはぜひ新型iPod nanoを検討してみてはいかがでしょう。

今までポジションを見失っていたiPodは今回のアップデートで「子どもたちにiOS文化を教育する係」というなかなか重要な役割を担うことになった。社会にとって子どもたちは財産であるように、企業にとっても大切な財産。継続的な利益を生み出す源泉でもある。Appleもこういう世代間に向けた戦略を立てるような巨大で普遍的なブランドに成長したのだなと思うと感慨深い。


iphone_5_4.jpg

One more thing、じゃないけどもう一つ

Appleの標準イヤフォンが久々にバージョンアップした。おそらく4代目くらいになるだろうか。名称はEarPods。おなじみの白いカラーリングはそのままに、形状はシンプルに、だけどあまり見たことのないフォルムに仕上がっている。思えばAppleがコンピューター以外の道を歩み始めたiPod発売当時、iPodを使っている人の目印は「白いイヤフォン」だった。それから白いイヤフォンが朝の電車を席巻していった。EarPodsも形状がだいぶ違うようで、装着したときの見え方はいつもと同じ、やっぱりあのイヤフォン。白いイヤフォンはAppleにとってモバイルの原点である。

2012年8月 | BLOG TOP | 2012年12月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link