WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

「放浪息子」をマイノリティだったあなたへ捧げる

2011.04.29 TV

hourou_musuko_0.jpg

男の子がスカートを履いちゃいけませんか。

中学生の頃、あなたは。

異性に変身したい、と思ったことはありませんか。
なぜ異性の服を着てはいけないのだろう、と思ったことはありませんか。
もしかしたら同性のことが好きなのかもしれない、と思ったことはありませんか。

思春期、揺れる時期。

冬期アニメで一番惚れ込んだアニメは「放浪息子」です。実は他のアニメはほとんど見てなかったんですが、このアニメは本当に見てよかったと思えるアニメでした。今年は始まったばかりですが、僕の中では今年一番、近年の連続テレビアニメの中ではダントツです。

放浪息子は "女の子になりたい男の子" と "男の子になりたい女の子"、中学生の2人とその周辺の物語を描いたアニメです。主人公の男の子、修一くんは女装をするのが好きな男の子。でも女の子に恋の告白する男の子なんです。こういう書き方をすると「性同一性障害」や「ジェンダー論」の説教臭い話が始まるんだな、と思ってしまうかもしれませんが、先に否定しておきます。この話の軸はそこじゃない。

「マイノリティ」のお話です。

僕は女装をしたりということはありませんでしたが、クラスの中では少数派、マイノリティでした。運動は苦手、人とのコミュニケーションを積極的に取ろうとしない、流行の音楽も聴かない、ただひたすらテレビゲームに没頭している…。集団生活の中におけるマイノリティとはとても弱いものです。なぜ運動ができないだけで馬鹿にされなければならないのだろう。流行の歌なんか聞いてなくてもゲームだけしてちゃいけないの?皆とは違う、皆についていけない疎外感。厳密にはひとりぼっちではないかもしれない、けれど。そんな気持ちを持ったことがある人は意外と多いんじゃないかと思います。

なぜ男の子がスカートを履いてはいけないのか。法律があるわけでも規則があるわけでもないのに、なぜだろう。修一くんの疑問ももっとも。そこには何の理由も無い、ただ "それらしいから" そうなってるだけ。人は常に自由であると言う、しかし現実は真に自由ではない。マイノリティという鳥かごの中で自問自答する主人公・修一くんの姿は、思春期の少年そのものです。無垢で無知、恐れを知らない、そしてそれが美しい。

しかし一方で世界に同じ人は一人としていないのも事実でしょう。つまり誰しもがマイノリティ。では人は誰しもが孤独なのでしょうか。それは半分は真であり半分は偽です。人は誰かに成り代わることはできないけれど、人のことを深く理解してあげることはできる。いや本当に理解することは難しいかもしれないがしかし…その人のことを思いやり理解しようとすることはできるはずです。もしそんな人がもし一人でも現れたら。僕は強く生きていける気がします。

マイノリティが生きる道しるべを探す物語、それが「放浪息子」なのです。

無限の可能性

放浪息子にはマイノリティという一つの軸ともうひとつ、セットで現れる軸があります。

それは「無限の可能性」です。

「子どもには無限の可能性がある」。よく聞く言葉です。マイノリティであるということは、他者とは違う特別な人間であるとも取れます。自分は人とは違う、だから特別な能力が備わっているに違いない。もっと大きく開く可能性があるに違いない…そう思い込むのももっともかもしれませんね。可能性があることは素晴らしいことですし否定はしません、が。可能性は所詮可能性でしかないのです。可能性に甘えてばかりで成長しないのでは何にもなりません。それは逃避です。

かのマリオの生みの親、宮本茂さんの講演を聴いたときに印象に残った話があります。プロジェクトがスタートした段階では、スタッフにゲームが面白くなる可能性をあれやこれやと試させるそうです。プロジェクトを木の幹に例えれば枝が四方からどんどん伸びていく状態です。しかしある一定のところで枝の刈り込みを行わなければ、ただ散漫なものになるばかりで、面白いゲームになることは絶対にないということでした。手塩をかけて伸ばした枝を切る。宮本さんもそれは勇気がいることだと言います。しかし全体像を捉え目標に向けて形を整えなければ、大成することはない。

人も同じではないでしょうか。「無限の可能性」という口当たりのいい言葉に酔って自らの進むべき方法を決めないのは、枝を伸ばしっぱなしにした木と変わりありません。「可能性の枝」を切ること、逃げずに自分を定義すること、それが人の成長なのです。

思春期の少年・少女たちの日常とその中での心の揺れを、水彩タッチの美しい映像で描く。自分がかつて通った場所なのに、繊細に描かれた人物描写の中に新しい発見がある。放浪息子はそんなアニメです。

hourou_musuko_1.jpg hourou_musuko_2.jpg

DVDBlu-layの1巻がそれぞれリリースされたばかりです。ビデオレンタルも始まりました。ゴールデンウィーク、あまりに暇でレンタルビデオ屋さんに行くことがあったら、ぜひアニメコーナーにいってこのアニメを手に取ってみてください。本心で多くの人に観てもらいたいと思える作品です。

「Twitterの設定だけで5,000円」は高い?安い?

2011.04.25 Text

「Twitterを設定するだけ」の商売は成り立つのか?

Twitpicでこんな写真を見つけました。

twitter_5000yen_0.jpg
ぼったくりだろ on Twitpic

写真から想像するに、おそらく横浜の電気屋さんのチラシ。そしてスマートフォンを販売する際のオプションとしてTwitterの設定に5,000円を頂くよ、ということでしょう。

たかがTwitterのアカウント取得してアプリ入れるだけで5,000円。これって高いんでしょうか?それとも安い?Twitpicページのコメント欄では「高すぎる!」コールが連発されてますが、皆さんはどう思いますか?

正直僕はそこまで高いとは思わなかったんですよ。といっても僕がこの5,000円を払うことはないでしょう。払うとしたら僕の父親や母親です。

先の東関東大震災の際、近親の人間との連絡で一番役に立ったのはTwitterでした。一番レスポンスがよくて安定してたのが電話やメールよりもtwitter。で僕がこの時とっさに思ったのは「両親や姉もtwitter使えたらこんなときもすぐ連絡できてよかったのになぁ」ということです。次回帰郷した際は全員分のアカウントを作らせようと思ったくらい。実は僕と同じ思いになった人は多いんじゃないかなと思います。一方でテレビでもTwitterの功績が語られるシーンも多く見られましたし(デマ拡散の面はかなり叩かれましたが)、「災害のときのTwitter」というキーワードが普段からTwitterを使っている僕たちだけでなく、使っていない人にも浸透したのではないかと思います。

それでは実際に親にTwitterを使わせるにはどうしたものか。ガラケーでもTwitterは使えますがちょっと機能的に不安ですね。しかも僕らはどっぷりスマートフォンに浸かりきってるせいでガラケーの状況とか今ぜんぜんわかんないでしょ。じゃ面倒だしいっそ両親にもスマートフォンにしてもらいましょう。どうせ安いし。さあよしスマートフォンは買ってもらえるぞ、しかし離れて住んでいる僕が両親の携帯の設定までしにいくのはそれも面倒だな…ならいっそのことお店でやってもらえないだろうか。…そう5,000円はこのときに支払われる額なんです。近くに機械について頼れる人がいない、だけどTwitterは使えるようにしなきゃいけない。当たり前にできる人と、そうでない人。この人の間の "差" が商売になります。

いつの時代も差がお金を生むものです。東南アジアでナイキの児童労働問題がありましたが、そもそもなぜナイキが東南アジアに工場を造るのかといえば人件費が安いから。アップルがアメリカでiPhoneを組み立てないで台湾で組み立てるのも同じです。安い人件費にかまけてモノを安く作り、別のところで高く売る。"安い"から"高い"に、"知ってる人"から"知らない人"に、"できる人"から"できない人"に。いつも差を繋げるところに商機あり、です。

欲しい人いませんか。あげれる人いませんか。

先日、弊社でワークショップが開催されました。新しいビジネスモデルをみんなで考えてみよう!というテーマでグループに分かれて和気あいあいと行われました。世の中の人の足りてないもの、そして逆に提供できるものを考えその二点を結びつける。そこにサービスが生まれる。人と一緒にそれを考えるという行為はとても刺激的なものでした。実際にサービスに落とし込めるかというと技術であったり、コストであったり、倫理であったりといったハードルが待ち受けることになりますが、スタート地点はとてもシンプルな発想が大切なのだと思い知らされました。

さすがにワークショップ中に「Twitterの設定で5,000円」というビジネスモデルは出てきませんでしたが、ではこの「Twitterの設定で5,000円」ビジネス、実際に成功するのでしょうか?個人的な想像ですが、もしスマートフォン販売と関係なく、単体で「Twitterの設定で5,000円ください」というビジネスはまあ成り立たないでしょう。5,000円払ってくれる消費者に出会う難易度がかなり高くなってしまいますから。

ですが携帯やパソコン購入時にセットで売るのであれば、これはなかなか商売になりそうです。スマートフォンだけでなく、ガラケー、特にらくらくフォン向けにも展開できたら尚のこといいですね。また親が買う設定でここまで進めてきましたが何もリテラシーが低くてスマートフォンを買ってしまうのは何も親世代だけではありません。今後は何も知らないけどスマートフォンを買ってしまうというケースが散見されることになるでしょう。ぼくが街で見かけた女の子はすごかったですよ。iPhoneに携帯変えたいって言ってるんだけどその理由なんだと思います?可愛いケースが売っててそれをつけてみたいから、って言ったんですよ!これを読んでいる皆さんはそいつバカだなと思ったかもしれませんがそんなもんなんです。ぜひ年代別でのTwitter設定オプションの利用率が知りたいところです。

5,000円という値付けも絶妙なところです。高い気もしますが自分が親に教える面倒を考えたら…あなたの代わりに親のTwitterを設定してくれるサービス、あなたはいくらなら成り立つと思いますが?

【TIGER&BUNNY】ロックバイソンから牛角のロゴが消えちゃうの!? ブルーローズは変身する!?【勝手に予想】

2011.04.18 TV

ロックバイソンの肩から牛角のロゴが消えることはあるのか?

tiger_and_bunny_logos_0.jpg

せっかく盛り上がったので前回に引き続き「TIGER&BUNNY」の続きの話。どうせだから今回は前回以上に「スポンサー型プロダクトプレイスメント」の可能性を妄想してみようぜ!…とその前にこんな記事が。

企業ロゴ着るヒーロー「TIGER&BUNNY」 : テレビ&ラジオニュース : テレビ&ラジオ : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「企業の公募は昨年11月下旬から始まり、約70社から問い合わせがあった」「予定されている全25話の途中でロゴの追加や交代もあるという」とのこと。偉業の公募はこんな感じで行われたみたい。ネットでは一番人気の "牛角さん" ことロックバイソンのスポンサーが牛角じゃなくなったらどうしよう!!というプチ騒ぎにまで発展していますが、おそらくメインのキャラクターのスポンサーは変わらないのでは、というのが個人的な予想です。

実はペプシネックスの販売元であるサントリーの "中の人" にアイドルヒーロー、ブルーローズの名前の由来が「サントリーが開発した青いバラ」であると聞きました。つまりTIGER&BUNNYのキャラの一部はスポンサー中心に設定されている、というわけです。もしブルーローズに他のスポンサーがつく場合は名前から変えなければいけないでしょうし、元のスポンサーと深く結びついている以上なかなかほかのスポンサーを付けるのは難しいでしょう(CMまで出してるし)。牛角さんことロックバイソンここまで牛角ロゴがハマっちゃうと、牛角以外のスポンサーロゴが乗っかることはない…んじゃない?ただし牛角は株式会社レインズインターナショナルの所有しているチェーンですから土間土間とかのロゴが追加されるとかはあり得るかもしれませんけどね。

ブルーローズの変身はありえる?ペプシと言えば "あの味"

と、いうことはスポンサーが変わらなくても同社の別製品のロゴに変更する可能性もあるのでは?ヒーローと言えば1クール終了後のお色直し的パワーアップ。ロボットなら一度やられてより強力なロボットになって帰ってくるアレです。イメージを引き継ぎつつ、新製品のプロモーションができてアニメも盛り上がれば一石二鳥。僕の勝手な予想では、きっとサントリーがスポンサーのブルーローズは変身すると思うんですよ。ペプシ、変身、と言えばおなじみのあれがあるじゃないですか!!

tiger_and_bunny_logos_1.jpg

サントリーは2007年からペプシの「変わり味」を登場させています。初代のきゅうり味「ペプシアイスキューカンバー」をはじめ、「ペプシしそ」「ペプシあずき」「ペプシバオバブ」、そして最新の「ペプシモンブラン」が去年秋に登場。ペプシと言えばまずi変な味!というのはみんなの意識に深く浸透していることでしょう。そこでペプシの新味登場とともに新コスチュームでブルーローズが登場。そもそもペプシ変わり味のシリーズは話題性ありきの商品ですから、さらにアニメが商品のインパクトを強めてくれるのではないでしょうか。

じゃあブルーローズがサントリーのお酒の宣伝をする可能性は!?

今は同じ「ペプシブランド」でロゴのリプレイスができないか考えてみましたが、サントリーは清涼飲料だけではなく酒類も扱っています。最近ではハイボールもブームになりましたし、プレミアムモルツも順調…とはいえブルーローズのイメージに合うお酒ではないよな…と思ったらありましたよブルーローズのキャラにぴったりなサントリーのお酒が。

tiger_and_bunny_logos_2.jpg

缶チューハイの「-196℃」です。果物を瞬間冷凍させて粉砕、それをお酒に漬けることでおいしさを閉じ込めたチューハイ。そしてブルーローズの必殺技はなんでも凍らせてしまう冷凍攻撃。これむしろペプシよりもぴったりじゃない!? 実はこの-196℃、最近CMや中吊り広告で「続きはWebで」ならぬ「続きは店頭で」という広告を打ったなかなか面白いブランドです(Web業界の人間的にはぜんぜん笑えませんが)。「Webに誘導してる暇あったら店頭に連れてって商品触らせろよwwwそこまでいったらだいたい買うってwww」という考え方ですね。確実な売り上げの点では有利でしょうがブランディングの点では疑問が生まれなくもない施策ではあります…いや老婆心のあまり話が脇道に逸れてしまいました。

ともかくブルーローズには狙いすましたかのようにぴったりな製品であります。これはひょっとしてフクオカさん当てちゃったかな…とブルーローズのキャラクター紹介ページを見ると、変身前の普段の姿であるカリーナ・ライルは高校生…彼女は高校生でしたか…じゃあやっぱりペプシだね…。

スポンサー型プロダクトプレイスメントの旅は始まったばかり…

「企業のブランド戦略をアニメのヒーローとリンクさせる」。企業計画を進行形のアニメに高度に結びつけるのは制作サイドもスポンサーサイドもまだまだ検討すべき課題は多いでしょう。面白い企画はまだまだ転がっていそう。今後に期待です!!

アニメ「TIGER&BUNNY」はプロダクトプレイスメントの最先端!

2011.04.11 TV

アニメに登場するヒーロの胸には「Softbank」の文字

全シーズンは「まど☆マギ」で大騒ぎだったアニメ界もシーズンが新しくなり一段落(僕の前シーズン一押しは「放浪息子」だったんですがその話は次回に。絶っっっっっ対おすすめなんですよ!)。そんな中ひと際異彩を放つアニメがあります。「TIGER&BUNNY(タイガー&バニー)」です。現在バンダイチャンネルで第一話が無料配信中ですが、実はこのアニメには新しい "広告手法" が導入されているのをですがそれを知らない人も多いかもしれません。

物語の舞台は未来都市、そこでは特殊能力を持ったヒーローたちが日夜悪を懲らしめる…その様子はテレビを通して放映され、ヒーローには働き次第でポイントが加算されるというヒーローリーグが娯楽として消費されている世界。ヒーローリーグを構成しているのはヒーローたちとメディア、そしてヒーローをバックアップするスポンサー。主人公のワイルドタイガーはヒーロー歴10年のベテラン選手、しかし時代の波には勝てずスポンサーに解雇されてしまい…というお話。ヒーローとメディアの他にスポンサーが絡んでくる、というのはなかなか珍しい話ですが珍しい話はここで終わりません。このアニメに登場するヒーローたちの姿をよく見ると…

tiger_and_buny_0.jpg

なんと現実世界の「Softbank」や「PEPSI NEX」「カルビー」「USTREAM」といった企業名が描かれているではありませんか!「BANDAI」「DMM.com」といったアニメに近い業種のロゴもありますが、中には「牛角」といった外食業界のものまであります。つまり、このアニメの制作にこれらの企業がお金を出し、その見返りとしてヒーローたちのデザインの中に実在企業のロゴが登場している、というわけですね。よく野球やサッカーの選手が着るユニホームにスポンサー企業のロゴが印刷されていることはあります。しかしアニメの中の架空のキャラクターに実在企業のロゴがスポンサーとして登場するのは初めてのことじゃないでしょうか。これはプロダクトプレイスメントの最新事例と言えるでしょう。

プロダクトプレイスメントとは何か

プロダクトプレイスメント。聞き覚えのない方もいらっしゃるかもしれませんが、ざっくり言うと「架空のストーリーの中に実在の商品を登場させる広告手法の一つ」です。日本では「コラボ」という言い方をされることも多いです。世界で一番有名なプロダクトプレイスメントといえば映画007シリーズの「ボンドカー」ではないでしょうか。主人公の凄腕スパイ、ジェームス・ボンドが乗る車はいつも超高性能で秘密武器が搭載されているむっちゃかっこいい車ですが、映画ごとに各高級車メーカーの最新・最高車種があてがわれています。つまり「あのボンドが運転した車」ということで大きな宣伝効果があるわけです。

tiger_and_buny_1.jpg

プロダクトプレイスメント自体はある意味枯れた手法で、実は事例が数えきれないほどあります。去年公開されたヒット映画「アイアンマン2」では史上最大のプロダクトリプレイスメントと呼ばれるほど多くの企業の商品が劇中に登場します。アウディ、デルといった企業の商品が実物として登場します。つまりどれも「イケメンカリスマ長お金持ち天才社長、トニー・スタークのお墨付きですよ」というわけです。

tiger_and_buny_2.jpg

プロダクトプレイスメントがある意味もっとも効果的に効くのはゲームの世界です。PS3用ゲームソフト「メタルギアソリッド4」では回復アイテムとして栄養補給材のリゲインがパッケージそのままで登場します。「24時間戦えますか」でおなじみのリゲインですが主人公のソリッド・スネークも戦場で戦い続ける男。ゲームの中での効果と現実世界での製品の効能が見事にリンクした広告と言えるでしょう。

ヒーローは "企業を" 裏切らない

さて、再び話を「TIGER&BUNNY」に戻すとして。実物のスポーツ選手などではなく架空のヒーローのスポンサーになる、というのは実はとても効率がいいことに気がついたでしょうか。例えばある人気スポーツ選手が多くのCMに出演していたり、企業と契約していたとします。その人がもし暴行事件を起こしたり、異性との交際問題などでやり玉に上がってしまったとき、その人と契約をしていたスポンサー企業は「悪の手助けをしていた」などと叩かれかねません(そういう光景をテレビで何度となく見てきました、よね?)。人のイメージなど事件の一つで一瞬で変わってしまうものです。その点架空のヒーローならばお話の展開を調整することでいくらでもコントロールが可能です。さらに企業のイメージに見合うキャラクター作りも自由自在。

tiger_and_buny_3.jpg

TIGER&BUNNYの中でもアイドル的存在として登場するブルーローズに入っているロゴはPEPSI NEX。スタイル抜群の彼女ならPEPSI NEXの「ノーカロリー」のイメージが見事にマッチする。PEPSI NEXのCMはPerfumeや宇多田ヒカルなど女性ミュージシャンが多く登場しますが、ブルーローズも歌が人気のアーティストでもあるという設定。また、PEPSIのコアバリューと言えばすっきりとした清涼感。ブルーローズの得技が氷を操る能力なのも納得です。まさに、アニメの中ならヒーローは作れる。しかも企業にぴったりな一人を。

「スポンサー型プロダクトプレイスメント」がアニメを救う?広告を変える?

さらにアニメのヒーローのスポンサーになるメリットはここで終わりません。TIGER&BUNNYは深夜アニメですが、もしこれがポケモンのような児童向け作品だったらどうでしょう。人形やプラモデル、カードゲーム、テレビゲームといったおもちゃ、派生商品が大量に出回ることになります。そのすべてにスポンサーロゴが入っているところを想像したら…すごいことになりますよね。子どもが遊んでいるヒーローのソフビ人形にもSoftbankロゴ、カードゲームにもSoftbankロゴ…子どもたちの記憶に残るものですから、長期的なブランディングに貢献することでしょう。

もちろん企業にお金を出してもらう以上、アニメ制作の現場では企業の意見を大きく反映せざるを得なくなります。キャラクターデザインだけでなく、ストーリーの内容にまで深く意見を出すことになる。企業の広報もまた一つ新しい仕事が増えると同時に、アニメ制作の現場では新たな制約になる。アニメ制作の自由が奪われるのは事実でしょう。

しかし深夜アニメの収入源はほぼDVD/Blu-ray、もしくはサントラからのものといわれています。制作業が成り立たなければ作品が生まれる土壌もなくなる。この「スポンサー型プロダクトプレイスメント」がアニメ業界を救う一手になるかもしれません。そして企業の広告、ブランディングの新たな手法として根付いていくかもしれませんね。

【ヤシマ作戦】エヴァ風Webアプリ「輪番停電計画 for iPhone」にdonate.bookmarkが!

2011.04.06 Web

rinbanteiden_donate_bookmark_0.jpg

『ヤシマ作戦』の名目で輪番停電のための節電を有志が呼びかけたことは既に皆さんご存知かと思いますが、先日より@magimatsushiroさんがiPhoneで観れる輪番停電計画 for iPhoneを公開しています。エヴァ風のデザインで、iPhoneでアクセスすると位置情報を取得し、実施エリアのグループ番号と自分のいる地域の輪番停電までの時刻が表示されます。これから当分の間計画停電が実施されるという話ですが、Webアプリとしてすぐに利用できるのでとても便利ですね。

…で、驚いたことにこの輪番停電計画 for iPhone、先日リリースしたdonate.bookmarkのブログパーツを貼っていただいております!エヴァファンの私としても(っていってもべ、別に旧エヴァなんか好きじゃないんだから!! 新劇場版が好きなだけなんだから勘違いしないでよねっ///)こういったところで利用していただけるのは本当に嬉しい限りです。ただ、これは一人のファンの考えですが、donate.bookmarkのブログパーツは極力シンプルに作ったつもりですが、エヴァ風の世界感とそんなに親和性が高くないように感じてしまいました。

これはもったいない。

そんなわけで特別に輪番停電計画のサイトに表示されるブログパーツにのみ、ちょっとだけエヴァ風に表示されるような仕掛けを施しました。俗に言う「サービス サービスぅ!!」ってやつです。"緊急措置に伴う特例" ですので、残念ながら皆さんがエヴァ風ブログパーツを使うことはできませんが、通常のシンプルスタイルのブログパーツはすぐにご利用になれますので、こちらからコードを取得していただければと思います。今回のアップデートでは日本語版のボタン変更や、IE対応なども進めています。

輪番停電計画 for iPhone、便利なサイトなので皆さんもiPhoneのホーム画面に登録して使いましょう。そしてdonate.bookmarkも引き続きよろしくお願いいたします。

どうしてもブログパーツをエヴァ風にしたいなら… donateBookmarkBT.eva=true; をブログパーツ実行部分の直前に書き込みましょう。

2011年3月 | BLOG TOP | 2011年5月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link