WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

映画「ソーシャル・ネットワーク」は“ガンダム”である

2011.02.04 Movie

映画「ソーシャル・ネットワーク」の評判を聞いているとまさに賛否両論。面白かった!という人もいれば、ピンとこなかった…という人もいる。アメリカの、頭のいい大学の、"リア充"をやっかむオタクが、新興Webサービスを立ち上げ、訴訟を起こされる話、となれば純日本一般人の我々がピンとこないのも納得ではある。特に女性はピンとこない率が高いように感じる。劇中では女性がやや蔑視的に描かれていないことも一因であろう。一方で面白い!と思った人の共通点を探っていくと、僕の主観ではあるがテクノロジー系に強い男性で「ガンダム好き」が多いことに気がついた。そして僕は一つの結論にたどり着く。

映画「ソーシャル・ネットワーク」は "ガンダム" である

thesocialnetwork_0.jpg

ガンダムとは言わずもがな、でかいロボットが出てくるアニメのあれである。しかしガンダムを「ただロボットに乗って戦うアニメ」と思っている人がいたら大きな間違いだ。ガンダムは「ロボットに乗りながら言論大会しつつ戦うアニメ」なのだ。登場人物は多くの場合2軍に分かれて戦い、己の立場、利害、ポリシー、思想、生き方、それをぶつけ合う。言論バトルとロボットバトルが高度に融合したアニメ、それがガンダムである。一方のソーシャル・ネットワークの最大の見せ場は、法廷や職場で登場人物が繰り広げるマシンガントークだ。自らのプライドがぶつかり合う、激しい会話こそがこの映画の「戦闘シーン」。主人公と元カノの"口戦"シーンから始まるなんてガンダムに対するオマージュとしか思えないね!!(口がもがれなかっただけでもありがたく思え、マーク!!)

そもそも主人公のマーク・ザッカーバーグはガンダムの主人公アムロ・レイにそっくりではないか!まずもじゃもじゃの髪が。内気ではあるが頭もいい、天才(ニュータイプ)。性格はわがままで独善的、身なりも気にしない。孤高、というより孤独な存在。そして最大の共通点、それは「最強の武器の中にいる」ことだ。もちろんマークはFacebook、アムロはガンダム。最高の武器に最高のパイロット、当然それは最高の勝利を約束する。そして彼らはこう言うのだ。

"I made Facebook!"
"僕が一番ガンダムをうまく使えるんだ!"

しかしこの2者も異なる点がある。アムロは戦いの中で敵・味方、様々な人々と出会い、見違えるように大きく成長していく。そして物語の最後にガンダムを捨て、仲間たちの元に帰っていく。しかしこの映画のマークは違う。彼は1mmたりとも成長しない。むしろ彼が最初にいるところから一歩も動いていない、という形容が正しいか。劇中でFacebookのオフィスはどんどん大きくなり、施設が豪華になり、出入りする人も増え、うなぎ上りで成長していく。がその代表であるはずのマークはどうだ。相変わらずもさい恰好でヘッドフォンを付け、PCに向かい続ける。マークは変化しない。人として成長もない。変化したのは成功に踊らされた周囲の人間たちだ。これがこの映画がただの成長譚ではない、一風変わったものとなっている大きな理由である。彼は友達を得た。そして裏切られた。そして友達を失った。簡単な話だ。そう、まるで1クリックで友達を増やしたり減らしたりできるFacebookみたいじゃないか!ねえ。

さて、アムロに比べ成長しないマーク、と言ったがこれは別の見方ができるかもしれない。つまりこの映画で描かれたマークの物語はまだまだ途中なのではないか、ということだ。例えばガンダムで言えば「劇場版II〜哀・戦士編」の前半。アムロに助言を与え、そしてアムロによって倒されたランバ・ラルと、マークを導きFacebookの成長に多大な貢献をしたショーン・パーカーは少しかぶるような気がしないでもない。ランバ・ラルの方が圧倒的に渋かっこいいけどな!じゃあ「Facebookの足を引っ張った」エドゥアルド・サベリンはハヤト・コバヤシあたりか。別に僕はハヤトが役立たずって言っているわけではないよ(^0^) そして主人公から大切なものを奪っていったのも両者の共通点だ。ま、アムロもマークも奪われたもののことを本当に大切に思っていたかどうか、は一考の余地があるかもしれないがね。

ともかくFacebookの物語はまだまだ続くのだ。マークがFacebookから降りるそのときまで。…ところで、シャアはいつ出てくるのかな?

2011年1月 | BLOG TOP | 2011年3月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link