WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

Apple秋の新製品祭り - iLife '11、MacOS X "Lion"、そしてMacBook Air!

2010.10.21 Gadget

日本時間21日の午前2時から行われた秋のApple Specialイベント。テーマは "Back to the Mac"、ということでここのところiPhoneやiPadの話題ばかりで放っておかれていた感のあるMac関連の話題ですが、ようやく新しい話題が到着、しかもハードウェアよりもソフトウェアよりな話が多かったので個人的にはかなり楽しい発表会でした。では発表の時系列順に客観的事実と主観的感想を書き連ねていきたいと思います。

まずはiLife '11から。

iPhoto '11 - Facebook連携機能強化、洗練されたインターフェース。

laptop_gallery_01_20101020.jpg

iLifeの花形といえばiPhoto。新バージョンではインターフェースが一新。いままではおまけ程度でしかなかったフルスクリーンモードが超絶強化。見た目的にもiPhone/iPadアプリのような雰囲気に衣替え。たしかに今までは機能が横に下にととっ散らかっていて、どこに何の機能があったか忘れてしまったりうまく把握できなかったこともしばしばありましたが、フルスクリーンモードでは全て画面下からスタートする方向性に。iPhotoの基本は写真の整理ですが、今まで撮影情報(絞りやシャッタースピード、誰が写っているか)が別ウィンドウになっていたりわかりずらかったのが全て画面右に集約。情報を見ながらの写真整理が圧倒的に楽になりました。ここは個人的にかなりポイント高いです。

そして写真の楽しみかたの一つは「人に見せること」ですが、Facebookとのシームレスな連携を実現。「Facebookは世界一の写真共有サイトだ」という人もいるくらい、写真とFacebookは切っても切れない関係にあるだけにAppleは相当気合いを入れてきた模様。写真の顔認識機能とFacebookのアドレス帳が連動したり、Facebookで投稿した写真にコメントがついたらiPhoto上からそのコメントを見ることができたりと、「Facebookのための写真アプリ」といっても過言ではない連携っぷり。写真はSocialで楽しむ時代ということでしょう。

あと毎回使うものを唸らせてくるのがスライドショーの新エフェクト。今回の新エフェクトを一通り見ましたがどれも出色の出来。旅番組風にGoogleマップと連動したものや、モビールのように写真がぶら下がっているもの、プリントした写真をまき散らしたようなものや、iPadでおなじみのOrigamiエフェクトまでどれも完成度が高い!個人的には白ホリバックに写真が浮かんでいる「反射」というエフェクトが非常に綺麗に感じました。今までより圧倒的にクオリティ高いです。個人的にはここも"燃え"ポイント。

ほかにもメール添付用の画像を勝手に整形してくれたり、フォトブック作成画面のクオリティがすごく高かったりと、iPhotoの作り込みに関してはスタンディングオベーションしたくなるレベルです。写真はほんと、共有してなんぼですね。

iMovie'11 - トレイラー作成機能が楽しすぎる!!

carousel-movies-01.jpg

前回YouTube用動画作成ソフトとして劇的変化を果たしたiMovie。音声が波形で見えたり音量調整が直感的で分かりやすくなったり映像の顔認識機能があったりと、ちゃんとツボを押さえたアップデートをしているのですが、それよりも今回のアップデートの中で一番面白いのが「トレイラー作成機能」。映画館で映画が始まる前にやってる予告編みたいな映像が簡単に作れる機能なんですがこれが面白い!テンプレートがいくつかあるんですが、そのストーリーボードに自分が使いたいシーンをドラッグアンドドロップするだけで簡単にそれらしいトレイラーができてしまう優れもの。ここにサンプルがたくさんあるんでそれを見てもらえばわかると思うんですが、妙に大仰な感じがして笑えますw これはもりあがるだろうなぁ。今回からYouTubeだけでなくVimeoやFacebook(ここでも!)での共有も可能になってるのもポイントですね。

iLife製品のアップグレードはあとGarageBandもあったんですがここで特筆することはそんなにないので省略。とりあえず娘にピアノを覚えさせたい人は、でかいピアノも買わないで先生も雇わないで、とりあえずiLife '11買っておけば幸せになれる気がします。iLife '11は4,800円。アップデートが3本に絞られたため価格も安く。逆に今回アップデートされなかったiDVD、iWebは時代に取り残された形になりました。その役目は全てWebサービスが持っていったということなんですね。

またiPhone 4で華々しくデビューしたFaceTimeのMac版アプリも近日公開とのこと。

Mac OS X Lion - Mac OSとiPadのコラボレーション

私も近い将来、Mac OSとiOSが合体する日が来る、とは思っていました。しかしまさかこんなに早くだったとは…今回のテーマ "Back to the Mac" とはiOSで培った発想を再びMacに還元しよう、という意味。それはつまり、Mac OSの次期バージョンが目指すのは、Mac OSとiOSの融合。ネコ科の絶対王者、Mac OS X Lionの登場です。

iOSの特徴の一つは自由にアプリが追加できるApp Store。こんなに便利なのだからMacでもそれを実現しよう、というのがMac App Store。Mac用のアプリケーションの購入、ダウンロード、インストール、アップデートが何も意識しなくてもできる。そしてもちろんアプリケーション開発者はここで自分の作ったソフトを販売することができる。どうやらiLife系ソフトもここからダウンロード購入できるようになるみたい。これでMac用ソフトから事実上パッケージという概念が消滅するのかも。

lion_springboard1_20101020.jpg

そしてiOSの顔、といえばAppアイコンが整然と並んだホーム画面。わかりやすいから、これもMacOS Xに組み込みましょう、ということで生まれたのがLaunchpad。挙動としてはまったくiPhoneやiPadのものと同じでダウンロードしたアプリや好きなアプリを自由に並べておける。フォルダ機能も完備。"第二のDock" ともいえる機能、というかもうDock要らない!? Dockは起動中のアプリを表示する意味もあるので、iOSのマルチタスク表示と被るものがありますね。

そしてさっきのiPhoto '11が伏線になってますが、アプリケーションのフルスクリーンサポート。iPadのように一つのアプリで大きな画面全体を使いましょう、と。シンプルな発想ながらアプリケーションによっては効果的でしょう。

lion_bridge20101020.jpg

しかしフルスクリーンのアプリに、Mac OS XではおなじみのExposé、Dashboard、Spacesといった画面を切り替えたりする機能がぶつかってもうしっちゃかめっちゃかになっちゃわないの?と思うところですが、Appleは既に先回りしていました。Mission Controlはそれらのウィンドウを全てアプリケーションごと、画面ごとにグループ化して、"一目で" 全てが把握できるようにするための機能。簡単にいうと、更に上のレイヤーから俯瞰する、といったところでしょうか。確かに現状のExposéはもちろん便利なんですが、Mission Controlを見たとき「あ、これがベストじゃん」と素直に思いました。本当によくできていると思います。OSとはスクリーンのデザインなんだなと改めて思い知らされました。

Mac App Storeは3ヶ月以内に公開(本当か〜?)、Mac OS X Lionは来年夏発売予定。ついにMac OS Xから数字のバージョン表記が消滅しました。これからMac OS XとiOSは深く交わっていくことでしょう。そのときはライオンどころの話じゃなくなっているかもしれませんね。

11.6inchと13.3inchの最薄兄弟・新MacBook Air

mba_2010_0.jpg

今回のOne more thingは大方の予想通り、新型MacBook Air。「Mac OS XとiPadを掛け合わせたように、MacBookと iPadを掛け合わせたらどうなるか」がテーマ。軽く、薄く、長時間駆動、長時間スタンバイ。それを実現するための最大の特徴はiPhoneやiPadと同じようにストレージを完全固定にしたこと。固定し気にすることでSSDの容器の大きさも重さも全面カット。デザインはMacBook Proのエッジの効いたラインを採用。アクセスポートのカバーまで排した非常にシンプルな造形。しかしわずかに全体に湾曲を帯びているところがMacBook Airのアイデンティティを感じさせる。

外部インターフェースもMagSafe電源、Mini Display Port、左右にUSBを1基ずつ、無線LANにBluetoothと非常にシンプル(13inchモデルはSDカードスロットあり)。そしてこれだけ薄いため性能もCore2Duoの1.4〜1.6GHz(11inch)ないし1.86〜2.13GHz(13inch)とかなり限定的なものではある。が、もう用途によってはこれだけでもう十分なのはみんなが一番よく知っているはず。SSDが標準搭載なのも(おそらく)性能的にはいい方向に効いているだろう。

そしてMacBook Airでは初めて11.6inchの一回り小さいモデルも登場。engadgetにも手に取ったところとかの画像が載ってるんだけど、これが超かわいい。そして価格が88,800円からスタートするのも重要なポイント。これは欲しくなる…!

じゃあこれ何に使うの、という話になるんだけど、性能から考えて、ウェブブラウザやiWorkの利用がメインになってくるでしょう。iPadではまだ適したアプリがないWordやExcelのようなアプリはやっぱりMacで、ということになるでしょうから。iLife製品群をバリバリ使うにもストレージ容量が小さいですしね。
用途から考えても、「やっぱりAirはAppleが作ったネットブックだったんだ!」ということになるでしょうが、画面は小さくても解像度はしっかりあげてくるあたり、「ただのネットブックじゃない、使えるノートを作りたいんだよ」というAppleの意思を感じます。

個人的にはこれPCDJとかやるには最高じゃないのとか思ったり。間違いなく荷物軽くなりますから。(だれかRaw-Fiに持ってこないかなー…)


コンピューティングの形が変わる転換点、それが今。

近年のコンピューターの進化において、iOSは非常に大きな影響を与えた。モバイルの進化はiOS抜きでは考えられない現状が今ここにある。それだけ強力な存在であるのならばMacにもその影響が及ぶのは当然と言える。iOSは人とコンピューターとの間の敷居を一段と下げることに成功した。iPadもMacBook Airも紙に近づいている。それはとても薄いという意味でもあるし、人間にとって優しい存在であるという意味でもあります。そしてデスクトップOS、デスクトップPCの進化はまだまだ終わらない。ちょっと安心しました。

AKB48と「痛くない注射針」 - グッドデザインの行方を巡って

2010.10.01 Design

写真は2005年度のグッドデザイン大賞を受賞したテルモ株式会社の「インスリン用注射針」。従来型の注射針よりも20%細い、簡単に言えば「痛くない注射針」である。もちろん細くすればその分、液の通りも(本来ならば)悪くなるわけで、それを見事技術的にクリアしたすばらしいプロダクトだ。注射が大の苦手な私としては、日常的にインスリン注射をしなければならない友人がいることもあり、この注射針のグッドデザイン賞大賞受賞は個人的にも大賛成だった。…が、世間では「それはデザインと言えるのか?」「それはテクノロジーの功績であってデザインではない」といった意見も見られた。果たして、痛くない注射針はグッドデザインと言えるのだろうか?

ではそもそも、デザインとは何だろう。

この問いに答えるのは難しい。無駄なものをそぎ落としシンプルにする行為のことか。美的感覚をくすぐる意匠を作り上げることか。使い勝手を第一に考えてモノの創造することか。人と場合によってこの定義は大きく異なってくる。が、私の解釈ではデザインの極限まで広く解釈した場合、以下の言葉で表現される。

デザインとは「人を操ること」である。

人を操る、と言うと何か黒いものを感じてしまうかもしれないがおかしなことではない。人を操ることに関しては以前GWの話をしたが、ここはおなじみ無印良品の壁掛け型CDプレイヤーを例にとろう。

good_design_2010_1.jpg

ユーザーは自然と本体から垂れるケーブルを手に取る。そして引っ張る。CDが再生される。ユーザーは一目見た瞬間にこのCDプレイヤーの再生方法を理解させられる。さらにこのCDプレイヤーの場合、シンプルで美しい見た目が持ち主の所有欲を満たす。CDがむき出しになっているためどんなCDがセットされているか、動いているか止まっているか瞬時に分かる。プレイヤー本体とCDのレーベル面がインテリアとして機能し、自然と音楽をかけたくなる気持ちにさせてくれる。

優れたデザインには意図がある。そして自然と使い手の気持ちを誘発し、行動を起こさせる。人を操るのに催眠術も超能力も必要ない。デザインがあればいい。

では「いいデザイン」とはなんだろう。

前段の話からすれば「人をうまく操ること」となるが、その操る力が他者を不快にさせたり、迷惑になったりと悪い方向に向いてしまっては何の意味もない。あくまで私の解釈ではありますが、「いいデザイン」とは即ち「意思を持って人を導き、人を豊かにする」こと。とすれば、冒頭の痛くない注射針は、苦しみを無くすために痛いのを我慢するという矛盾を解消し、糖尿病治療を進めることを容易にする、立派なグッドデザインである。誰も好き好んで注射したいという人はいないのだから。

good_design_2010_3.jpg

さて、今年2010年度のグッドデザイン賞ではAKB48がグッドデザイン賞を受賞した。恐らくアイドルとしは初、しかもベスト15入りという大快挙。しかし本当にこの受賞が適切なのかどうか、疑問視する声も多い。

AKB48は本当に「グッドデザイン」なのか。

残念ながら私自身、AKB48にそれほど詳しくないためそもそも彼女たちを語る資格もないのかもしれないが、先程の「デザイン」=「人を操ること」の定義からすれば、AKB48は極めて素晴らしいスコアを叩き出している。人をファンにさせる力、その人に応援させる力、そしてそれを支えるためにファンにCDをはじめとしたグッズを購買させる力。それがさらには社会現象化し、広告主を魅了し、巨大な経済効果を生み出し、派生・類似アイドルグループもまた次々に誕生した。それはAKB48の個人個人の力というよりは、システムによる部分が大きい。いや彼女たち自身もそのシステムによって大きく成長したのだ。人の気持ちに作用し行動を起こさせるシステム、それも日本中を巻き込む規模の…先の定義からすれば、十分に「デザインされている」と言えるだろう。

ではそれが「グッドデザイン」なのかどうか、それは正直僕にはわからない。人や社会を本質的に豊かにしたかどうか、私の視点からそれを確認することは難しい。私は社会に貢献する「善いデザイン」とは思えないが、彼女たちの活動に強く勇気付けられた人もいる。

そして彼女たちが、デザインが持つ力を改めて確認させてくれたのも事実だろう。デザインとは人を操り行動に導く、強力な力を持っていることを忘れてはならない。デザイナーはAKB48を超える影響力を持つデザインを作り出す、それ位の気概があってもいいはずだ。「強く、善いデザイン」がこれからも日本から誕生することを楽しみにしている。

以上、デザイナーでもなんでもない、口先だけの男からのメッセージでした。

2010年9月 | BLOG TOP | 2010年11月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link