WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

iPadが「カーソル至上主義」をぶち壊す - Appleが僕らに突きつける新たな価値観

2010.01.28 Gadget

new_product_ipad_0.jpg

Apple - iPad - The best way to experience the web, email, & photos

さて、iPadが発表されました。もう体がくたくたですが、オーバービューから順に話を進めましょう。

大きくなれば使いやすさも変わる

iPad、これは何なのかと言えば、言うなれば大きくてパワフルかつ繊細なiPhoneと言いましょうか。iPhoneOSの機能を軸にしつつ(もちろん従来のiPhoneアプリも使える)、Safari、カレンダー、アドレス帳、iTunes Store、マップといったメインの機能はすべてiPad用にアップグレードされている。何はなくともこのビデオがよくできているのでぜひ観てほしい。話はそれからね。

new_product_ipad_1.jpg

iPadが「大きくなったiPhone」に留まらない理由はソフトウェアの違いだ。大きい画面の分だけ繊細な操作ができる、だから今までiPhoneではおおざっぱにしかできなかったこと、それはメールだったりiWorks(Microsoft Officeみたいなものだね)を使った書類制作、今まで以上に細かく操作できることがiPadの強み。大きくなれば自然と使い方も変わる。それに最適化したアプリがiPadの最も重要な部分だ。

iPadにはWiFiだけで通信するモデルとWiFi+3G電波で通信するモデルがある。出先でも通信も万全だ。

またAppleが提供するコンテンツストアとの連携が更に強まった。iPad用に最適化されたiTunes Store、Movie Store、そして新たに加わったのが電子書籍を売る "iBooks"。コンテンツをダイレクトにダウンロードし、楽しむ。もちろんゲーム等のアプリケーションも。Appleは個人の楽しみを薄い1枚の板におさめた。

「…でもお高いんでしょう?」と言いたいところだがその心配はいらない。Wi-Fiオンリーバージョンで16GB/32GB/64GBがそれぞれ$499/$599/$699、Wi-Fi+3Gバージョンが$629/$729/$829。つまり$499で手に入る。個人的にはけっこう安いなと思う。

iPadは「アバウト」だ - Appleは僕らに今までのPCとは違う価値基準を植え付けようとしている

さて、ネット上ではさっそくiPadの話題で持ち切りだが、「自分の予想していたのと違った。中途半端。至極残念」という声が多い。"iBad" なんて造語が早速生まれたくらいだ。私も極正直に言わせてもらうと、iPadに関してはかなり戸惑った。いや、確かに残念だ。iPadの操作に関して、小さく軽いiPhoneで十分対処できるケースもあるし、何しろMacBookのようにMacOS Xの "強力な" アプリが使えるわけでもない。確かに本気で写真をいじったり、制作作業をするにはiPadは心もとないように感じる。そりゃま「お前なんなんだよ、なんでここにいるの!?」と言いたくもなる。

ではそんなiPadが私たちに提供するものとは何か?それは普段のユーザーにとっての必要充分なPCの操作だ。私たちが普段PCを使ってやっていること、それはインターネットであり、メールであり、YouTubeを見ることであり、メールに添付されたエクセルファイルを開いてチェックすることであり、スケジュールを確認することだったりする。あとは自分の子どもの写真をしげしげと眺める、飲み会の場所を調べる…いやぁこんあもんなんだよ、結局。仕事や効率は別としても普段PCでやっていることの9割はiPadで事足りる。

しかしそれにしてもみんなiPadに不気味に、というか不安を感じている。では不安の正体は何か。それはiPadが、AppleやMicrosoftが作り上げてきたこれまでのPCの価値観をぶち壊そうとしているからだ。画面の中にカーソルがあり、それをマウスとキーボードで操作して使う、ピクセル単位の精密さを持った、無限の拡張性と自由度を持った機械。PC。「カーソル至上主義」とも言えるこのスタイルが、万能で究極だという僕らの意識こそがiPadを拒絶している。我々のPCに比べ、iPadはあまりに非力で入力方法もアバウトで、おもちゃのような代物だ。こんな奴にPCのようなまねができるはずがない、できたとしてもそれは中途半端で気持ちが悪いものだ、そう思ってしまう。

ところがアバウトで誰も困らないのだ。携帯で書こうがPCで書こうが送られるメールは一緒。iPadとは我々が行ってきた9割のPC操作を行うためのソフトウェア群をアバウトに使えるよう再設計し、アバウトなインターフェースをもつ板状の筐体に詰め込んだもの。これがiPadの真の正体だ。

パソコンを使わない大学生たち

確かにまだiPadは独り立ちしたPCではなく、PCの付属物だ(iTunesとシンクしなきゃ使えないし)。でもiPadだけで十分な世界は現に存在する。

今日Twitterで偶然見つけた、ある大阪の大学の先生が書いた「パソコンを使え!」というブログ記事があるのでぜひこれを読んでほしい。これを読んでいる人たちは、この話の中に出てくる大学生が本当にいることを信じられるだろうか。まず彼らはパソコンを使わない、ネットもメールも全部携帯で済ます、キーボード打つの苦手、デジカメの写真はパソコンに転送しないでいらない写真をちまちま消し続ける(デジカメがアルバム代わり)、音楽を聴くときはYouTubeで "見る" …。いやこれけっこうよく聞く話で、現実にたくさんいる人たちなんですよ。別に貧乏だからPCを買わないんじゃなくて、彼らはPCがなくても普通に生きていけるだけ。

iPadはその流れを加速させるかもしれない。iPadはこれまでのPC中心の価値観を(携帯側からではなく)パソコンメーカーがぶち壊すとんでもないアイテムだと僕は思う。今はiPadはPCがなければ動かないけど、いつかクラウド化が進み、手持ちのデータがすべてサーバーにアップされるようになれば、PCを介さずiPad単独でも使えるようになる日だって考えられるだろう。いや寧ろ私はAppleがそれをにらんでいるとしか思えないんだけど。

世界は新たな価値観に気がつき始めた

iPadが商業的に成功するかは私にはわからない。WiFiオンリーで16GBが$499というのは戦略的な価格だが、まだ日本で発売される気配はない。iPhoneでもMacBookでもない "中途半端な色物" として見向きもされないかもしれない。ただ、iPadは従来の価値観に真っ向勝負を挑んだ、無謀なチャレンジャーであることは確かだ。そしてデジタル産業の世界の中を長い目で見てもこれはターニングポイントを担うプロダクトになるだろう。ネットワークやデータにアクセスする方法は何もPCだけじゃない、この新しい価値観はもう既に世界に浸透し始めている。そしてiPadを見て人々は思うのだ。「これくらい気楽なのがいい」。

iPhoneは偉大だ。ケータイかくあるべし、という不文律を世界中で塗り替えてしまった。そしてiPadはPCかくあるべし、の不文律にゆっくりと手をかけようとしている。

こどものにとってのじぶんだけのせかい、それが「かいじゅうたちのいるところ」。悲しさの向こうにハッピーエンドは待っている。

2010.01.19 Movie

where_the_wild_things_are_movie_image.jpg

かいじゅうたちのいるところ - Where the Wild Things Are

誰もがこころのなかに持っていた「じぶんだけのせかい」

子どもを取り巻く環境は我々の想像以上に過酷なものだ。もちろん僕らも体験してきたはずなのに、大きくなるとすぐに忘れてしまうから困ったものだよ。友達や、学校、家族のこと、子どもが恐れや不安を抱えてしまう機会は多い。大人なら "他愛のないこと" として処理される事柄も、非力な子どもたちにとっては大きな障害になる。特に家族の問題となると、距離が近くても解決が難しいから(私にそのような問題が起こらなかったことはとても幸せなことだと思う)。そんなとき、子どもなら誰もが心の中に「じぶんだけのせかい」を作って逃げ込むんだ。それは「こころの砦」とも言える。これを読んでいるあなたももれなく持っていただろう。自分が望むワンダーランドを夢想して、こころの傷を癒すんだ。そうだな、それを "ネバーランド" と呼んだ人もいるかもしれないね。

そんな「じぶんだけのせかい」を大人たちは他愛もないおままごとだと言うだろう。でもそれは違う。子どもたちにとってそこはどれほど尊く、大切でかけがえのないものか!! それを奪うような大人がいたら私は許さない。「かいじゅうたちのいるところ」はある一人の男の子の「じぶんだけのせかい」を描いたかいじゅう映画なのだ。

(先に言っておきます。この先の文章はネタばれを含んでいます。それも厭わないのであれば続きをどうぞ。それか映画を観てきちゃうかね!!)

すごいぞ!! おおきなかいじゅうとふしぎなしま!!

主人公の男の子マックスは世間的に見れば「寂しい男の子」だ。お父さんとお母さんは以前に別れてしまった。お姉ちゃんは友達と遊ぶのに夢中でかまってくれないし、お母さんは仕事が忙しい。しかも家に"彼氏"を連れてくる。…この時点で気持ちがつぶれそうになるよ。案の定マックスは大騒ぎしてお母さんを困らせたあげく、家を飛び出す。「こんなことになったのは、ぼくのせいじゃないのに!!」…彼はボートに乗り、大海原の遥か彼方を目指す。そして行き着いた不思議な島に、かいじゅうたちはいた。

マックスくんは子どもだ。子どもだから手加減がわからない。冒頭の姉とその友達に雪合戦で喧嘩を売ったあげく(理由はもちろん寂しいからだ)、始めはキャッキャ笑いながら雪を投げていたくせに、結果こてんぱんにやられ、あげくテンションがた落ちになり泣き出してしまう。あぁ、あったこういうこと。まるで自分を見ているようだった。楽しく遊んでたのに、あることをきっかけにテンション下がって嫌な空気になるあれ。はー、自分と他人の関係性なんてまるでわかってない、だから自分が望んだのとは見当違いな方向に行ってしまう。子どもは基本かんしゃく持ちで、暴力的。マックスも当然そんな男の子だ。

そんなマックスが嫌な世界から逃げ出し、飛び込んだかいじゅうたちが住む島。この情景がまた美しい!少年の横顔、かいじゅうの横顔、絶壁、海、逆光…という構図が2度ほど登場するのだけど、これがはっとするほどきれい。もちろんかいじゅうたちもそれはそれはとてつもない。大きくて、木を粉砕しちゃうくらい力持ちで、意外と俊敏でピョーンととんでもなくジャーンプ!したりする。アクション映画かとおもうくらいアクションしてくれるかいじゅうに胸躍りっぱなしなのだ!! そのくせ表情は人間並みに豊かだ。表情だけで成立しているお芝居も多く、次第に人間と同じように感じられていくのが自分でも不思議な感覚。

ゆめのようでゆめじゃないせかい

さて「じぶんだけのせかい」に潜り込んだマックスは王様として振る舞い始める。自分の望む、自分の居たい世界に作り替えるのだ!! …だが結果的に彼の計画は破綻してしまう。かいじゅうとマックス、みんなで楽しく暮らそうと思ったのに、ちょっとした勘違いや、先を考えない行動がくだらない争いを生み、彼の考えた王国は滅ぶ。子どものころの友達とのけんか別れなんてたいていは他愛もない諍いから始まるように。

かいじゅうの一人であるキャロルもまた、マックスと同じようにみんなが楽しく暮らせる世界を望んだ。キャロルはマックスの離ればなれになった父親の写し込んだものだ。同じように「じぶんだけのせかい」の多くはマックスが生きる現実世界の模写になっている。キャロルとの仲がうまくいかなくなったかいじゅう、KWはもちろんお母さんを置き換えたものだし、KWがもてはやしている2匹の鳥(マックスとキャロルは鳥の言葉を理解できない)は、母親が打ち込む仕事やその同僚といったところだろう。この映画を見ている僕らはマックスの視点とかいじゅうへの置き換えを通じて、彼の家に起こった出来事を追想することになる。マックスやキャロル、KWの努力も虚しく彼らの距離は離れていくばかり。でも王様ではない、子どものマックスにはどうすることもできない辛さ。大人は勝手に納得しながら、子どもには理解できない不条理を目の当たりにして、ただただ胸が苦しくなる。外界に対する子どもの感じ方をもろに表現したこの映画は想像以上にヘビーだ。

涙を流した後にはそこに虹ができるように

…しかしおかしな話だ。「じぶんだけのせかい」を "想像している" のだから、何も辛いことのない世界を想像することだってできるはずだ。なのにマックスの世界は現実と照らし合わせたかのような破滅的な結末へと向かっていく。何故想像の世界なのに自分の気持ちいい世界を目指さなかったのか…?そう、「じぶんだけのせかい」は単なる逃げ場じゃない。目指すべきは外の世界であり、そのために傷ついたこころを癒す波止場のようなものなのだ。マックスの目的は外の世界で強く生きることだ。内なる世界でのうのうと暮らすことではない。だから王国が崩壊していく様は、彼が他人と向き合い、考え、納得し、こころの傷を癒した証拠だ。そうだ彼は子どもだ、両親の離婚なんか止められるはずがない。過ぎし日を取り戻すことはできないが、父との別れをこころの中で消化することはできる。

苦しい現実がそこにあっても、父への愛を確認し、母からの愛情を感じることができる。マックスは少しだけ大人になった。だからこの映画はきっとハッピーエンドじゃないかな。



ストーリーと映像の話をつらつらと書きましたが、サントラ(iTunesAmazon)も素敵です。こどもがっしょうだん!!

本編では流れませんが、トレイラーに使われているArcade Fireの"Wake Up"(iTunes)もすてきです。

「HITSPARK」というイベントで1時間お話をすることになりました。しかもスペシャルな方が大集合な件。

2010.01.18 Design

HITSPARK™

ぎりぎりの告知になってしまいましたが、1月20日から3日間、目黒CLASKAにて「HITSPARK」というクリエイティブイベントが開催されます。昼は子どもも大人も参加できるワークショップ、夜はクリエーターたちによるトークセッションが行われるんですが、このイベントで私がABM名義でお話をすることになりました…!!

20日(水)の20:30頃から1時間丸々頂いて私が話させていただくことになりまして、トークテーマは「歴代ABM BOOKMARK OF THE YEARから探る10年代のWebデザイン」。ABM、そして近年のWebクリエイティブの歴史とも言えるこれまでのBOOKMARK OF THE YEARを振り返ることで、ゼロ年代後半のWebデザインを検証、そしてこれからくる10年代のWebデザインを眺望します。

しかし私だけで話をするのはさすがに心許ないものです。あくまで私はABMを管理している人間に過ぎませんから。なので今回のトークセッションのために特別にゲストをお三方お呼びすることにいたしました。

まずはROXIKの城戸雅行さんPICTAPSTHE ECO ZOO、そして全日本バーベイタム選手権と、この方なくしてブックマークオブザイヤーは語れない存在と言っても過言ではないでしょう。

そして602 inc.の岩城洋平さん。あのソニーハンディカムスペシャルサイト「Cam with me」のデザインをされた方です。多くの人が感動したあのサイトがいかにしてデザインされたか、その過程をお聞きしたいと思います。

最後に日本デザインセンターの有馬智之さん。ご存知の通り(?)私はtats君と呼ぶことが多い間柄です。今回はデザイナーの観点からの解説やコメントをお願いする予定です。馴れないトークセッションなので頼りにしてますw

今回のトークセッションはこれだけのゲストに恵まれて、本当に実りのあるものになりそうです(皆様突然メールしたりして申し訳ございませんでした。ご協力ありがとうございます!!)。まじめにやるのもいいですが、楽しくお話しさせていただければうれしいなと思います。また、クリエーターのファンの方はぜひこの機会をお見逃しなく。水曜日の8時半という時間ですから、仕事を早めに切り上げて、ぜひCLASKA(マップ)へお越し下さいませ。

【決定】ABMブックマークオブザイヤー2009に輝いたのはこの2サイトです!!

2010.01.05 Web

そういえばあけましておめでとうございます!! 今年も宜しくお願いいたします。

既に年が明けた時点で決定していましたが改めてアナウンスさせていただきます。ABMブックマークオブザイヤー2009結果発表です(全24サイト解説はこちら)。投票数は4年の中でも最高、またTwitterでつぶやいていただいた方も多く、過去最大の投票会になりました。後でまたぶっちゃけますが、2部門共に本当に接戦でした。どちらも2位との差、1票!その接戦を勝ち抜いた2つのサイトを改めてご紹介します。

プロモーション部門グランプリ「Cam with me」

abm09_final_camwithme_0.jpg

ハンディカムで記録する娘の成長…もしも娘が生まれたら、そんな状況を疑似体験できるソニー・ハンディカムのスペシャルコンテンツ「Cam with me」が見事プロモーション部門のグランプリに輝きました。

プロモーション部門の中でもCam with meは特に広告的、CM的と言えるサイトです。あるストーリーを一方的に送り共感してもらうことで、商品に対して興味を持ってもらう…ソーシャルウェブ時代からすればある種前時代的とも言えるかもしれない。しかしWebの持つ「インタラクティブ」な力がそれを少し変わったものにしてくれたのではないでしょうか。このコンテンツでは「録画」をしなければ意味がありません。録画という行為を自ら能動的に起こさなければ、エンディングに待つ「映像のフラッシュバックという感動」には辿り着けないのです。このコンテンツの伝えるメッセージはそこです。子どもの成長を見守ることを経て、「子どもの成長を振り返る未来の自分」を疑似体験するコンテンツ、それがCam with meなのです。振り返るには振り返りたい時の「記録」が必要です。だから親は常に録画し続けなけらばならない。そしてそこにはいつもソニーのハンディカムがある、と。

ブログやTwitterで当時私が見たのは、このコンテンツを通して親に変身した人たちの姿でした。子どもも持たなければ結婚もしていない人たちが、液晶の向こうに映る娘の成長を通して親に変わる瞬間。人に語りたくなる感動。最後に勝利するのは人の心ですね。人の心を動かす力の強さで見事グランプリに輝いたCam with me。おめでとうございます!

クリエイティブ部門「Wonderwall」

<abm09_final_wonderwall_0.jpg

クリエイティブ部門グランプリを獲得したのは、ぐにゃりと動く不思議な壁「Wonderwall」でした。ブログやTwitter上での反応を見るに、勝利の決め手は「どこでも体験したことがない感触」なのではないかと思いました。我々が触れるセカイというものは実に多種多様です。テレビ、新聞、ラジオ、ゲーム、ウェブ、そして広大な現実…様々なチャンネルで我々の受ける感触、その中でもWonderwallが提供する感触は新しいものだったのではないでしょうか。まず、理知整然としていない。Webでリストというものは当然見やすく整理されているはずのものですが、全体がだらしなくだらりと歪んでいる。そして自由に動く。マウスの動きにあわせてぐにゃりぐにゃりと表情を変える。しかしあまりに勝手に動くわけではなく、ある範囲で収まるような動き。現実ほどカオスではなく、Webほど整然としていない…Wonderwallはまさに「感触のグレーゾーン」。

例えば、iPhoneの操作には独特の心地よさがあるように、マリオのジャンプには言い表せない楽しさがあるように、人は画面の向こうの反応にも感触を得ることができます。そして新たな感触がWonderwallにはありました。グランプリ獲得、おめでとうございます!

惜しくも2位…

2位の発表は例年してませんし、今年もするつもりはなかったんですが、プロモーション、クリエイティブ部門共に、1位2位の差が1票差(!)という奇跡的なデッドヒートが展開されていましたので、ぜひここで紹介しておこうと思います。

entry_img_nakano.jpg

プロモーション部門得票数第2位は「ナカノクエスト」です。Twitter、Googleマップ、投稿、投票、政治。今をときめくものがこれでもかと全て詰め込まれたコンテンツであること、それがナカノクエストの得票数の原動力でしょう。政治は今ネットで最も関心が集まっているジャンルの一つですが、現職の議員さんが、そこにコミュニティを作り、さらにリアルタイム性まで持ったサイトが現れたのは大きな衝撃だったのではないでしょうか。市民からの様々な依頼に対して、本当に真面目に対応されるのかという不安もありますがそこはネットですから、こちらも検証できますしさらに議員さん本人に(目に見える形で)直接訴えることもできるでしょう。新しい可能性を多いに感じさせてくれるサイトでした。

entry_img_vbt.jpg

クリエイティブ部門得票数第2位は「全日本バーベイタム選手権」です。いやぁ惜しかった!! これで1位とっていたら2006年、2008年、そして2009年と城戸さんの制作されているコンテンツが3回グランプリを獲得する快挙を成し遂げるところだったのですが…いやそれにしても凄いことだと思います。多くの人が「Webでここまでできるのか!」と驚いたことでしょう。3Dで描画されるクオリティの高いグラフィック。3Dキャラのコミカルでなめらかな動き。そして簡易的ながらも完成されたゲームシステム。「バーベイタム」という聞き慣れない名前を覚えるに十分なインパクトを発揮していました。

今年はTwitterで皆さんにつぶやいていただいたおかげか、ブックマークオブザイヤー、例年以上の盛り上がりだったと思います。ひとえに投票し応援していただいた皆さんのおかげです。ありがとうございました。そしてもちろん、2009年、数多くの素晴らしいサイトを制作されたクリエイター・関係者の皆様のおかげでこのような勝手な賞を行うことができているわけであります。ありがとうございました。2009年お疲れ様でした!2010年も皆さんに少しでも多くの素晴らしいサイトを知っていただけるようABMも尽くしていきますのでよろしくお願いいたします!!

2009年12月 | BLOG TOP | 2010年2月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link