WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

ルールとはどんなときも平等なものでなければならない

2009.07.28 Text

サッカーもといスポーツ全般が嫌いな私が、先週末スポーツバーでサッカーの映像を見ながらふと思ったことがあります。サッカーの試合は前半45分・後半45分の計90分間行われる…んですが実際の試合ではまず90分で終わることはないでしょう。試合中に審判が小休止した時間分だけ延長される、いわゆる「ロスタイム」があります。

スポーツ素人なりに考えてみればなかなかこれがよくできたシステムではないでしょうか。素直に考えれば、「試合が中断した時間が存在するのは不平等だし、90分やるっつってんだから90分きっかり試合に費やすべきだろ」という発想からこのロスタイムという制度は生まれたのでしょう。高々数分の延長であってもこのロスタイムの時間というのはやけに緊張感が高まるものです。なぜなら具体的にロスタイムがどれだけ存在し、実際にいつ試合が終わるのか、審判以外は誰もわからないから。人間には油断というものがあります。選手だって試合もあと数分だとわかれば気のゆるみが生まれるでしょう。明らかに手を抜いてしまうかもしれない。しかしロスタイムがあれば試合の終わりは審判の裁量次第、がんばり続けざるを得ない。緊張感が持続すれば試合のクオリティも上がる。それに伴って当然観客も白熱した試合が最後まで楽しめるし、盛り上がる。単なる試合時間の調整が二次、三次の思わぬ効果を発揮したのです。

かのスーパーマリオの生みの親・宮本茂氏は「アイデアというのは複数の問題を一気に解決するものである」と語っています。サッカーのロスタイム制度はまさに3つの問題を一度に解決したアイデアのよい例ではないでしょうか。ロスタイムに限らず、ルールやシステムというものはこのようなアイデアの塊です。そのどれもがサッカーを現実的で、楽しく、スリリングで、戦略性があり、安全で、盛り上がるスポーツにすることに役立っています。ルールこそが「複数の問題を一気に解決するもの」の集合体と言えます。


で。まったく話が飛ぶんですが、近所を選挙カーが走っていて大きな声が聞こえてきました。しかしこの選挙カー、本当に必要なのかなぁ、なんかもったいないなぁと思ってしまいました。なんとしても名前を覚えてもらう、というのも当選には重要なステップなんでしょうが、政策やその人の考え方も何も聞かないで投票されても、なんか違う、って気がしますよね。選挙カーにはお金も労力も候補者の時間もかかってる。だけど周りの人はうるさいなぁ、としか思っていなかったらもったいない気がします。

私は政治にも法律にも疎いので的確なことは言えませんが、まず選挙のルールに問題があるのかもしれないなーと思います。昔のルールを守らざるを得ないから、なんだか非効率なことになっているような。先日も候補者は選挙に関連する内容をTwitterに書き込んではいけない @seiji_ohsakaというお話が出ていました。だからといって「今すぐ選挙でTwitterを使えるようにしろ!! ええいネットを使えーっ!!」とも言いませんし、更なる問題が発生する可能性もあるわけですからルールを変える以上しっかりと話し合った上で変えてほしいと思います。

ただ一つ確かなことはどんなルールも状況によっては見直さなければならないときがくるということです。新たな泳法や技術が発明される度に改正される、オリンピック水泳のルールのように。ルールは常に「複数の問題を一気に解決するもの」でなければならないのです。

PLUTO 8巻 - 遂に完結。アトムよ、父を超えろ。

2009.07.17 Book

PLUTO 8巻 - 完結。アトムよ、父を超えろ。

アトムは憎しみと報復の世界といかに闘うのか

遂にPLUTO、完結。アトムとプルートゥ、雌雄を決する。時を同じくしてアブーラ博士によって地球を破壊するほどの「テロ」が行われようとしていた。

ロボットとは即ち少年である、と思い始めたのは数年前からだ。言うまでもなくロボットは純粋である。人間か書いたプログラム通りにしか動かない。人工知能、といっても所詮人工物だ。だからロボットにたとえ考える力があったとしてもそれは人間がプログラムした範囲でしかない。だから彼らには「心」がない。心がないから心を理解する事もできない。つまり彼らは "幼い" のだ。高い計算能力を持ったロボットでも、如何に人の役に立つロボットでも、大量破壊兵器であろうと、総じて幼いのである。

PLUTOの世界では世界最高の人工頭脳を持つとするアトムが唯一「心」を持っているという。心とはなんなのか、非常に説明が難しいところであるが、アトム、プルートゥや他の多くのロボットが「感情」をもっている。喜び、怒り、悲しみ…人間が持っているものと変わらない感情だ。感情とは面白いもので、伝播する能力を持っている。ネット上ではバイラルCMが流行ったり、ブログが炎上したりと、感情の伝播を見かける事が多い。世界中の優れたロボットを破壊し続けたプルートゥを動かしていたのも怒りの感情だった。しかしその怒りの感情も自らの中から生まれたものではない。生みの親であるアブーラ博士に植え付けられたものだ。伝染した怒りに任せて彼はロボット殺しを続けてきた。空虚だ、そんな事はわかってる、でも止められない。プルートゥと最後の決戦を挑むアトムもまた、ロボット刑事ゲジヒトの怒りの感情を移植されて復活した。怒り、憎しみの感情はウィルスのように互いに感染し、傷つけ合う。そしてまた新たな感染者が現れて…。現実の世界でも憎しみあうもの同士が戦争をし、テロを起こし、また憎しみが蔓延していく。ロボットもまた、同じ事を繰り返すのか。

しかしアトムには心がある。心とは一体なんなのか。それは相手を思いやる想像力かもしれないし、すべてを包み許す力なのかもしれない。だから心は「温かい」。もはや戦争から始まった憎しみの連鎖を受け止められるのはアトムの心しかない。その心を持って自分の怒りや憎しみが、本当に自分の中から出てきたものなのか、感情の向こうに正しい未来が待っているのか、考えていかなければならない。感情の代わりに心を伝播させることが人類最後の希望なのだ。

漫画の子どもたちから、漫画の神様へ

手塚先生がこの原作「地上最大のロボット」を描いた頃の戦争は一個のボタンを押すだけで核戦争が起こり、敵も味方も無に帰ってしまう「一瞬で終わる」戦争だった(ウォッチメンで描かれていたように)。だから手塚先生は単なる力自慢やそれによって無に帰った光景が如何に虚しいものかを描いた。そして時は流れ冷戦が終わった。そして訪れたのは報復に次ぐ報復、憎しみが憎しみを呼ぶ「終わらない」戦争だった。PLUTOもテロと報復の時代に合わせてテーマを再設定してある。また、手塚先生は誰もが知る「漫画の神様」であるが、弱点がないわけではない。「地上最大のロボット」でもすべてが終わっても何も変わらない、いずれ繰り返される、というニュアンスを含ませている通り、必ず「悲観」や「諦観」が含まれるのが手塚漫画の "クセ" だと思う。

しかし浦沢氏はそこに着地しない。PLUTOは予想された限界を乗り越え、進む物語だ。小さな生き物を前にしてアトムが自らの感情を制御するシーンはどうしても目頭が熱くなる、全体を見ても屈指のシーン。また、天馬博士とお茶の水博士、つまりアトムの生みの親と育ての親が対峙するシーンはさらに決定的だ。アトムといえど、もう手遅れだ、地球を救うなど不可能だと断じる天馬博士に対して、お茶の水博士はどうせ死ぬなら最後までやってみなければわからない。生みの親なのになぜアトムを信じないのか、と説く。このシーンはどうしてもアトムの生みの親=手塚先生に向けた言葉のような気がしてならない。そしてアトム自身もまた父親の想像を超え、自分の感情を制御し、世界を救うために飛び立つ。プルートゥも怪物と化した父親と最後の戦いへ向かう。PLUTOの世界のロボットたちは少しずつ幼さから開放されていく。少年から大人への第一歩を歩んでいく。

そして物語も原作とは少し違う結末を迎えることになるのだが…。それは実際に読んで確認していただきたい。原作にはない「最後の数ページ」は浦沢氏から天国の手塚先生への最後のメッセージであり、意思表示であり、挑戦状だ。天国で手塚先生が「まったく生意気な奴だ。俺ならもっといい作品が描けるんだ!!」と息巻いていたら願ったり叶ったりであろう。原作の完成度はとてつもないが、PLUTOはそれを超えんとする高い志と勇気とやさしさの物語である。天国の神様への挑戦権に十二分に値する作品に間違いない。


関連リンク:
WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG | PLUTO 4巻 - アトム、その父。
WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG | ロボットの感情が人間に限りなく近づくとき。「PLUTO 6巻」
WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG | PLUTO 7巻 - 浦沢直樹は手塚治虫よりもすこし、優しい。

Raw-Fi One無事終了。ありがとうございました!!

2009.07.13 Music

Raw-Fi One無事終了。ありがとうございました!!g

おかげさまでRaw-Fi One終了いたしました。だーれも来なかったらどうしよう!! と心配していたのですが、ふたを開けたら大盛況。ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました!!

やはりみんなが一つの箇所に集まって遊ぶというのは楽しいですね。Raw-Fiもその名の通り「生」のイベントです。昔はテレビの生放送はそれはそれは特別なもので、一部の特別番組だけのお祭りのようなものでした。しかし今では編集技術が進んで生よりもむしろ編集された映像の方が面白い、というのが普通になっています。むしろ最近の生放送連発っぷりはコストカットの意味合いが強いでしょう。一方でTwitterやustreamなど、ネットでも「生」の波が押し寄せています。ネット上に上がっているものはほとんど編集されていない荒削りなものです。でもそれでも面白いんですよね。テレビのの生放送は完全に整理・制御されたものですが、ネットのそれは違います。混沌としているからこそいろんな面白さが引き出せる。Raw-Fiにもそう言った片鱗があったのではないかなと思います。

しかし手前味噌ながら、本当にいいイベントでした。カンガルーさんも他のライブのあとにそのまま来ていたんですが、おもちゃ箱をひっくり返したような意外な選曲。ご本人は自由にやりすぎちゃいましたかwみたいに言ってましたが、Raw-Fiというイベントを象徴するような選曲だったのではないでしょうか。そして我らがDJ YOU-KING、camimu、Jaganglesの3人も三者三様のプレイをしてくれました。練習不足だーとみんな言ってましたが全く心配なかったですねー。ナイスDJに感謝、感謝。

Raw-Fi One無事終了。ありがとうございました!!

VJはたけしの「WiiリモコンでRaw-Fi風お絵描きツール」が大活躍。シンプルながら非常にいい試みでした。tats君も気合いの入ったVJをしてもらえて曲をかけるこっちもテンションが上がりましたよ。私のVJはネットサンプリング映像を中心とした逆にいつもの通りな感じだったんですが、「あの映像何?」とか「この映像初めて見たけどかっこいいね」とか「タチコマかわいー☆(主に女性陣)」とか言っていただけて嬉しかったですね。

で、私のDJっぷりだったんですが、私だけかなりアッパーな選曲でして、全体の中では浮いてるとも言えたんですが、そこを許容してくれるのもRaw-Fiの懐の深さでしょう。今回はドラムンベース、ビックビートを中心にした「いい意味でダサい」選曲をしてみましたがいかがでしたでしょうか?以下セットリストです!!

前半1時間:
01. 20th Century Boy / T. Rex [iTunes]
02. Stompbox / The Qemists [iTunes]
03. Showdown / Pendulum [iTunes]
04. Polygon / Shock One [iTunes]
05. Act Like You Know Original / Nero [iTunes]
06. KICK IT OUT / BOOM BOOM SATELLITES [Amazon]
07. Invaders Must Die / The Prodigy [iTunes]
08. What I Need (Dexplicit Remix) / Curses! [iTunes]
09. Let the Bass / BBB [iTunes]
10. Machine / South Central [iTunes]
11. Brainwashing / Armand Van Helden Feat. Virgin Killer [Amazon]
12. Worried / Birdy Nam Nam [iTunes]
13. Les Betes-Royal Mirrorball Remix / 鷺巣詩郎 [iTunes]
14. Stress (Live Version) / Justice [iTunes]

後半30分:
01. I RAVE U / ravex [iTunes]
02. Knock Out (80Kidz Remix) / The Shoes [iTunes]
03. 湘南族 -cannibal coast- / オーラルヴァンパイア [iTunes]
04. Steroids (Mr Oizo Remix) / Mr. Oizo [iTunes]
05. Escape (The Bloody Beetroots Remix) The Toxic Avenger [iTunes]
06. Smells Like Rerox / Alavi [iTunes]
07. In for the Kill (Lifelike Remix) / La Roux [iTunes]
08. 15 to 20 (Radio Edit) / The Phenomenal Handclap Band [iTunes]

前半・後半共に1曲目は出囃子ですね。前半はだいぶいかつい感じだったので後半はキャピキャピさせております。このセットリストとほぼ同じのiMixを用意しましたのでiTunesをお使いの方はどうぞ。

Raw-Fiも着々と準備中。

2009.07.07 Text

7月11日はドラクエ9の発売日!! …ですが夜22:00からRaw-Fiの日でもあります。皆さんお忘れなく。

Raw-Fi Blogもちょっとずつ更新中です。

拡張現実空間の未来を考える「AR Commons」設立。

2009.07.03 Text

拡張現実空間の未来を考える「AR Commons」設立。

エヴァの話の後で非常に恐縮ですが、今度は電脳コイルのお話、というかAR(拡張現実)のお話です。このブログでも二回ほど、「仮想世界を現実にする『AR』とは?」「電脳コイルのススメ」といった題でARについて書いたことがあります。改めてARについてヒジョーにざっくりと説明しますと、現実の世界の映像にパソコンの画面を上書き表示することで、日々の生活を更に豊かにする技術のことです。先ほどの電脳コイルの場合は電脳メガネ、人によってはドラゴンボールのスカウター(それを通してみることで見た相手の戦闘力がわかってしまう優れものメガネ!!)を想像していただければわかりやすいかと思います。視覚的で直感的な情報認知を可能にする技術、それがARです。

では本題。今回その拡張現実空間の公共圏について考え、創出し、共有するネットワークとして「AR Commons」というものが設立されました。

AR Commons

プレスリリース(PDF)から引用しますと、「AR Commonsは、21世紀社会の情報・テクノロジー環境に適合した、新たな学術研究、生活提案を実現するプラットフォームとして、AR技術を快適に利用するための多次元的空間活用を促進する非営利の任意団体」です。私の解釈だと「ARのことをみんなで考えていこうの会」です。慶応義塾大学を中心に、法人賛助会員としてソフトバンクテレコムさん、大日本印刷さん、頓智ドットさん、ヤフーさん、ゼンリンさんといったヒジョーに豪華な方々で現在構成された団体でございます。ちなみにFICCも会員として参加していたりします(なんだかうちだけ雰囲気が違う感じですが)。

そして早速ですが、AR Commons設立記念キックオフ・シンポジウムが7月10日に開催されます。

キックオフ・シンポジウムのプログラム, July 10,2009 | AR Commons

識者の方々による、ARの展望、課題、それに関する討論も楽しみですが、iPhone初のARカメラアプリである「セカイカメラ」のデモンストレーションも忘れてはいけません。お申し込みはこちらからどうぞ。と同時に当日Twitterやustreamで会場を中継してくださる方も募集中です。興味がある方はぜひご連絡ください。

ちなみにフクオカさんもちょっと映像を流したりごにょごにょお手伝いする予定です。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 - そこに、確かに愛情はあった

2009.07.01 Movie

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 - そこに、確かに愛情はあった

戦うこととは痛みを感じること。少年たちの叫びが胸に突き刺さる。

先日のエントリーに引き続き、現在公開中の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」にお話を移しましょう。前作「序」では非常に狭い範囲で展開されていた物語が一気に拡張されるのが今回の「破」です。主人公たちが戦う怪物「使徒」も続々登場し、アスカ、マリといった新しいエヴァンゲリオンのパイロットも参戦。「破」というタイトルに相応しく、大迫力の戦闘シーンが次々に描かれます。この「破」では使徒もエヴァもなまめかしい、気味の悪い、とてもこわい存在として描かれていることが多くなりました。特に今作では使徒はさらに奇異な存在になっています。例えばもし仮に敵がロボットだったら銃口からビームが出るんだろうな、とか想像がつくわけですが、この世界では「誰もが初めて見る正体不明の生き物」であり、どんな風に攻撃するしてくるのかは誰もわからない。それ故に観客もハラハラしっぱなし。ですから戦闘シーンも工夫があって見飽きません。「えーそこが伸びるってそんなのアリなん!?」なんて驚きの連続になるわけです。人類と使徒の知恵比べは更に進化します。

そんな何が起こるかわからない恐怖と戦うエヴァンゲリオンの戦闘シーンの大きな特徴は、主人公たちが痛みに耐えながら戦うところでしょう。例えばガンダムだったら仮にガンダムに弾丸が当たってもパイロットは痛みはそう感じないでしょうが、エヴァの場合エヴァ自身とパイロットの感覚がリンクする仕組みになっているため、エヴァが殴られれば同じようにパイロットも痛みを感じてしまう。苦しさのあまり絶叫しながら、それでも彼らは怪物に戦いを挑む。私は映画を見ながら何度も「やめろよ、そんなに辛いならやめてくれよ」と思いました。苦しくて苦しくて、気がつくとポップコーンの容器をぎゅっと抱きしめすぎてベコベコになっていたくらい。もしかしたらこれはアスリートを見ている気分に近いかもしれません。足を引きずりながら、一歩、また一歩とゴールへ近づこうとするランナーのように。痛みに叫び、悲しみに耐え、時に人であることを捨ててまで戦う姿に、打ち震えてしまうのです。

うまくなくても、ケガしても、あなたに食べてほしいから。

序ではシンジ君とミサトの「上司と部下」、シンジ君とレイの「同じ職場で働く仲間」という関係が築かれていく過程を描きました。破は職場よりも外の世界、「人と人との繋がり」がテーマです。

今作の大きな特徴の一つに、「料理を作る」シーンがあります。一人暮らしが長かったシンジ君がミサトや友達に得意の料理を振舞う。前作ではミサトやレイから受け取る側であったシンジ君がついに与える側にまわる、結果的にシンジ君が作る料理は思わぬ反応を引き起こします。レイもアスカもシンジ君のために料理を作ってあげようと思い立つのです。

コミュニケーションが始まる最初のきっかけはいつも「与えること」から始まります。与えることとは別の言い方をすれば自分が損をすること、とも言い換えられます。与えたものが正しく受け取ってもらえなかったらどうしよう、値踏みされたら、無視されたら…。「何故身を切って与えている自分が損をしなければいけないのか。ばからしいじゃないか」今までのシンジ君はそう思うあまりに人を拒絶し、独りで生きる自分の中に安息を見出していました。しかしコミュニケーションをとるということは自分が抱えるであろう痛みも受け止めなければなりません。劇中でレイとアスカの二人がお互いの手に包丁でけがをしたのか、絆創膏が貼られていることに気がつくシーンがあります。人と触れ合うことは自分が傷つくこと。確かにそのその通りです。慣れないうちは思わぬところで傷を負うものです。

そうして傷つくのが怖いから。今までのエヴァンゲリオンでは、自分を守る心の鎧を着たまま、いかにうまくやっていくか、そこまでしか描かれませんでした。それも一つの答えです。でもそれで終わっていいとは私は思いません。自分が傷つかないことが最も大切なことなのでしょうか。大切なのは、立場ですか。体面ですか。プライドですか。「自分の居場所」ですか。いや違うはずです。最も大切なものは、嘘偽りのしようのない自分の気持ち、願望なのではないでしょうか。「自分がこうなりたい」「相手にこうなって欲しい」という願い。それこそが潰してはならない、最も守らなければならないものではないのでしょうか。シンジとその仲間たちは、ぶつかリながらもその気持ちに気がついていきます。手を怪我しても伝えたいこと、かなえたいことが彼らにはある。序で感じたわずかな優しさと愛情は、もっとはっきりとした形で破にも現れます。料理には作ること、与えること、満たされること、食卓を通して人と人がつながること、全てが含まれているのですから。

居場所には代わりがある、でもあなたには代わりはいない。

ある事件をきっかけにシンジ君が死ぬ思いをしながら手に入れた自分の居場所、つまりエヴァのパイロット権限を剥奪されてしまいます。自分の信念を折り、素直に人に従っていれば、こんなことにはならなかったでしょう。でも彼は曲げなかった。パイロットの座を追い出した自身のの父親ゲンドウには「自分のほしい物は力ずくでも手に入れろ。大人になれ」とまで言われます。それでも彼は納得しない。彼は気がついていないけれど、もう彼が求めているのは自分の居場所ではないのです。そしていつの間にかシンジ君はエヴァの前に立っている。でも、彼がエヴァに乗る理由はもう、誰かに褒められるためであったり、認められるためじゃない。目の前で苦しんでいる仲間を助けるために、いやもっとシンプルでストレートな気持ちだ。あなたと一緒にいたい。そう叫びながら彼は自分から、手を差し伸べるのです。ここがシンジ君にとって、生まれて初めての、自分から人の心に触れようとする行為。例え心が閉じられようとしても彼はひるまない。今の居場所を捨てたって構わない、代わりになる自分の居場所はいくらでもある。でもあなたに代わりはないのだから。

自分の願いに純粋であるということは時に、わがままで、粗野。ゲンドウの言う通り、大人の生き方じゃあない。これまでのシンジ君がしてきたのは、如何にして気持ちを潰すことに耐え、大人として生きれるようになるか、ということです。大人として生きることもいい、でも私は絶対に本心を潰してはいけないと思うのです。本心こそが人間の強さであり、人間の生きる核を担うものなのです。You can (not) advance. 副題にもある通り、シンジ君は大人になれなかった。でも、全てを振り切り自分の本心を吐露するシンジ君はかっこ良かった。シンジ君のことをかっこいいと思ったの、はじめてだよ。何感動させてんだよ、バカシンジが。

なんかいろいろ言われるかもしれない。けど好きだ。

正直に言うと、これまでおおっぴらにエヴァンゲリオンのことを言及することをずっと避けていました。自分が心のどこかで嫌っている作品について話すのは気分が良くなかったし、やっぱりこの物語を許せないところがあったから。いやもっと言えば自分が「オタク的」に見られるのが怖かったし(いや、どうかんがえても十分オタクなんですけど、それでもね。変なプライドですよ)、このアニメのこと語るのを恥ずかしいと思ってたから。でもね、恥ずかしげもなくはっきり言いますが、私この映画のこと好き。なんだかもうね恋に近いよ。考えたらずっと意地悪されてたのに急に優しくされたから、そのバイアスがかかってるのかもしれません(言い方は悪いですがDV被害にのめり込んでいってしまう人のような…)。だから、この文章を書き始めてからおよそ1週間、ずっとこの気持ちは本当なのか、探っていました。でもやっぱり本当な気がする。上映が終わったあのとき、好きだと感じた気持ちに嘘偽りはないもの。

だから改めて。この映画のこと好きです。自信を持ってお薦めします。いろんな人に見てもらいたい気持ちだから、このエントリーを書きました。読んだ人になんと言われるかはわかりません。自分の思った通りに正しく伝わっているかも不安です。でも自分のただ正直な、一番伝えたい気持ちを記しました。

2009年6月 | BLOG TOP | 2009年8月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link