WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

「ものを売る」責任を請け負うのはウェブだけじゃない。

2009.01.29 Web

「Cam with me」はハンディカムを売るためのサイト?

SONY Handycamスペシャルサイト「Cam with me」。女の子の親となって、誕生の瞬間から成長し、大人になっていくまでをハンディカムで撮影するコンテンツです。ウェブ界隈では「感動した」「親の気持ちになって泣いてしまった」という感じでかなり反響があり、ABMはてブでは続々コメントが付きました。かくいう私もグッとキてしまったクチです。彼氏が出てきたときにはぶん殴ってやろうかと思いましたからねw 企画の発想やブログを通した露出のさせ方から見るにこれはまさに「Web発信のCM」であり、遂にCMを発信する舞台がTVからWebに移り始めるのかもしれないなーという雰囲気を感じました。

一方、ブログではこんな声も見かけました。「いいとは思うけど、これハンディカムが直接売れることとは関係なくない?」なるほど、その通りかもしれません。この発言をした人の気持ちとしては、こういった壮大なコンテンツを作るよりも、検索エンジンなどからハンディカムに興味を持っているお客さんを集める等の施策のほうが大切なのでは?ということを言いたかったようです。もちろんSONYさんは会社ですからものを売ることが第一。そもそもこのコンテンツには具体的な商品情報は出てきません。当然商品に結びつけたほうが販売につながるはず。じゃあこのコンテンツは意味がないのか?当然そんなことはないと思います。おそらくこのコンテンツの目的は視聴者に「ハンディカムいいかも…いつか買う時はハンディカム買うことにしよう!!」という気持ちを芽生えさせることです。自分がパパ・ママになったら、娘が成長してもずっとそばに置いておける、というハンディカムのブランドイメージを高めるための広告ですね。

ドキュメント:ハンディカムが売れるまで

そもそもハンディカムがお客さんに「売れる」までにはどのようなステップを踏むことになるでしょうか。まずSONYさんはハンディカムを作ります。「商品開発」です。お客さんが欲しいと思えるような商品でなければなかなか売れないでしょう。

さて、新機能満載のハンディカムが完成しました。新しいハンディカムができたことをお客さんに知らせる必要があります。「広報活動」のスタートです。テレビCMを作ったり、Webサイトにバナーを出したりして、新しいハンディカムのここがいい、と多くの人に知ってもらうきっかけを作ります。

そして、あぁ新しいハンディカムが出たのね、ということでインターネットや雑誌で「購入検討」をします。具体的に新しいハンディカムのどこがいいのか。他の商品に優れたものはないかここで比較します。ここは我々が得意なWebサイトの出番です。この際に今回のCam with meも目に触れるかもしれませんね。

じゃあ、ハンディカム買おうか、ということになると遂に電気屋さんへいってお買い物。「販売店での購入」まで来ましたがまだ油断はできません。例えばお店の店員さんに「ハンディカムよりもCanonのアイビスのほうがいいんです!!」なんて言われたら?よくお店まで来て本来買おうとしていたものとは違うものを買ってしまうことがありますよね。逆に本屋さんで初めて見た本の横に内容を紹介するPOPが付いていて、つい手に取ってしまった、ということも。だいぶ前の記事ですがSONYさんは店頭用ポップを制作して店舗に配布しています。液晶テレビBRAVIAも売り場で映えるように彩度が高い設定になっている、なんてのもよく聞く話です。さて、実物見たけどやっぱりハンディカムがいいね、ということでようやく商品が「売れた」わけです。

「商品開発」「広報活動」「購入検討」「販売店での購入」…これだけのステップがありましたが、さてどれが一番重要なステップでしょうか?どれが、というよりもどのステップもすべて大切だと思います。どれが一つ欠けても購入へのバトンは途切れてしまいます。近年ウェブ依存度が高まり、デザインの優れた見やすいサイトがあれば、検索エンジン対策されたサイトがあれば売れるようになる、と錯覚してしまいがちですが、サイトが良ければ必ずしも売れるとは限りません。かといってしっかり機能するサイトがなければせっかく繋いだバトンを落としてしまうことになりかねません。すべての施策が成功して初めて商品が「売れる」のです(※)

ウェブサイトの効果は目的で決まる

今日もtwitter上で話題になったからこのブログに書いているんですが、よくFlashバリバリのサイトは本当に効果があるのか、という話になります。ウェブサイトに限らず、何をやるにしても一番最初に決めるべきことは目的です。目的が決まらなければ何も始まりません。目的が決まって初めて効果が測定できるのです。iPhoneは発売から2ヶ月で日本では25万台売れたと言います。果たしてこれは成功でしょうか失敗でしょうか。もし仮に100万台売る目標だったのなら失敗でしょうし、10万台売る目標だったのなら成功と言えるでしょう。目的如何でするべきことは変わります。ターゲットがネット初心者かネットオタクか、定期的に情報を伝えるサイトか、一発のインパクトを与えるサイトか。目的によってはFlashの表現力が必要になる時もあります。真に機能するサイトかどうかはまず目的から判断するべきなのです。目的があった方が作る方も気が楽ですよね。

と、いうことで、ウェブサイトだけが大切じゃない、だけどウェブサイトは大切なんだ、だからがんばってウェブサイトを作るんだぜ、というお話でした。


※もちろんすべての販売ケースが先ほどの例に当てはまるとは限りません。ハンディカムが売れる現場は電気屋さんだけではありません。Web上で言えばAmazon、楽天や価格.comがその役割を担っています。現実の売り場とは勝手が違いますから別の施策を考える必要があるでしょう。またハンディカムは販売される範囲が非常に広い商品です。逆に売られる範囲の小さい、特定のウェブサイトでしか販売していない商品、となるとこれも違うアプローチが必要でしょう。

MacBook Pro 17inchを修理してきました。

2009.01.27 Gadget

「もしも」は突然やってくる

先週の日曜日、1月17日の夜中に、私の愛用しているMacBook Pro 17inchがスリープから復帰しなくなる自体に陥りました。スリープから復帰しない、と言うよりは復帰したんだけど画面が表示されない状態。外部ディスプレイ端子にテレビを繋いでも無反応。おそらくグラフィックカードが逝った状態、と推測し即時ここからGenius Barの予約をiPod touch(iPhoneでもいいんですが)で入れ、次の日Apple Store銀座へ急行。すぐさまイケメンでリア充熱血系のGeniusにMacBook Proの入院をお願いしました。
実はApple Storeに持っていったとき病状が悪化し、初期の「動くけど画面ついてない」状態が再現されず、それどころか起動すらしないという状態にまでなってしまいました。しかしGeniusはその場でファードウェアチェックを実施、判断が難しい症状でしたがその場の他のスタッフも相談した上でマザーボード交換の可能性が大きいとの答えが。ですが私の意図を汲んでくれたのか、工場に送る「診断表」にグラフィックカードの不良の可能性もある、と書き込んでくれました。よくあるのは定員さんが勝手に症状を決めつけたり、こちらの状況を無視してただ工場に修理品を送るだけ、というパターン。でもそこはGenius Bar。柔軟で納得のいく対応をしていただけました。個人的には渋谷よりも銀座のGeniusの方が信頼が厚い、と思っております。
入院から5日後、無事退院のお知らせが。事前に修理費は5万円ほどかかるだろうと聞いていましたからそれなりの覚悟をしていったのですが、結果は修理費:無料。理由はMacBook Proに搭載されていたグラフィックカードNVIDIA GeForce 8600M GTがリコール対象になっていたためここに詳しい情報が)。私の予想通りグラフィクカードの異常だったようです。私も入院させる前にしっかり調べておくべきでしたね。

何があってもデータだけは守ろう

こういう忙しい時期に限ってマシントラブルは起るものです。お金がかかってもいいから早く修理してほしいという状況でしたが、迅速に対応してもらえたと思います。MacBookは私にとって指先から更に先の体の一部という感じですから、故障時には本当にひやりとさせられますね。それでもTime Machineの登場以降、その不安もだいぶ和らぐようになりました。更に今まで修理センターにPCを送るとなるとHDDは初期化されて帰ってくるのが鉄則でしたが、今回はデータ損失もなく帰ってきました。修理の技術も確実に進歩しているということですね。

PCが故障しようとも、データだけは生かしておきたいところです。データさえ生きていればやり直しがききます。Macユーザーならば絶対にTime Machineを使ってください。「私は大丈夫、そのうちDVDかなんかにバックアップするから」と考えている方。その様子だと絶対に真面目にバックアップすることはないでしょう(ソースは自分)。Time MachineならHDDをさしっぱなしで勝手にバックアップをとってくれます。これほど楽なことはありません。今や大容量HDDも1万円を切る価格で買える時代。大切なメールや写真データや音楽データが消えてしまうショックに打ちひしがれるくらいだったら1万円なんて安いもんです(ソースは自分)。「消ぇちゃった…なんでー!?」とか泣きつく前にバックアップしろよコノヤロー!!(ソースはたけし)

相対性理論「ハイファイ新書」

2009.01.13 Music

hi_fi_shinsho_0.jpg

忙しい時こそ音楽、ということで既にブログ界隈を中心に盛り上がっているバンド・相対性理論の「ハイファイ新書」。買いました。前作「シフォン主義」もやはりネットからリスナーがじわじわと広がっていった感じですが、今回のハイファイ新書発売で一気に火がついた感じです。1月13日現在のiTunesStoreのアルバムランキングでもまさかの奇跡の1,2位独占(3位EXILEですよ!!)。

YouTube - 相対性理論-地獄先生

相対性理論の特徴というと女の子のうまいともへたともつかない女の子の不思議な歌い方。そしてとんちんかんな語呂感覚。特に言葉の遊び方はこの人たちの神髄なのでは。「コントレックス箱買い」とか「あたしもうやめた 世界征服やめた」とか。一つのフレーズでいきなりぎゅっと掴まされる感じ。楽曲的にも緩さを演出するようで、しっかりと聴かせる部分もあり、なるほど歌も演奏も確信犯なのだなあと感心させられます。

今回は前作のスマトラ警備隊のようなげんきいっぱいソングは収録されていませんが、その分ちょっと大人になったというか。女子高生から女子大生になった感じがします。勢いとノリ、ではなく情感寄りにシフトしたのかな。口から出任せの感じでなく、歌のテーマがちゃんと一個一個捉えられるくらいのまとまりが出てきてます。むしろ高校生時代を懐かしむような、夕暮れの雰囲気を思わせる楽曲てんこもりです。言葉遊びも相変わらず楽しいですね。「めがねは顔の一部じゃない」「クラス対抗のデスマーチ」。こういうかわいくて楽しい音楽好きです。

女子高生、女子大生どっちも好きなら「シフォン主義」「ハイファイ新書」、両方おすすめです。

ハイファイ新書(iTunesStore)
シフォン主義(iTUnesStore)
相対性理論オフィシャルサイト

MacBook Pro 17inchとVAIO type P - NetBook時代と対峙する2つのノートパソコン

2009.01.12 Gadget

バッテリーが強くなった「家用ノート」17inch MacBook Pro

バッテリーが強くなった「家用ノート」17inch MacBook Pro

まず、先陣を切って発表したのはApple。既に発表済みの13inch MacBook、15inch MacBook Proに続く17inchのMacBook Pro。誰もが予想できた発表なので大きく騒がれることもなかった、でも間違いなく現時点で最強のノートパソコンの1つでしょう。17inch MBPの魅力は以前の記事で紹介した通り、広大なディスプレイ領域によるクリエイティブ作業の効率化。基本思想は今までの17inchと変わりありませんが、今回Appleが大きくプッシュしてきたのが「バッテリー駆動時間の増加」。バッテリーの交換はしづらくなりましたが最大で8時間の駆動とかなりの高寿命を実現しています。しかしなぜまたバッテリー寿命をAppleは売りにするのでしょうか。ノートパソコンのバッテリーが肝になるのはモバイル用途。しかし以前の17inchのスペックと見比べると確かに小さく、軽くなったとはいえ、まだまだ重い。通勤通学に持ち運ぶ人は少ないでしょう。しかし自分の家の中だったらどうでしょう。

VAIO P

昔SONYがVAIO Pという製品をリリースしています。見た目はデスクトップPCですが、バッテリーを内蔵しているという非常に特殊な機種です。ハンドルがついていてこれで家の中の好きな場所に持ち運んでください、と言うことです。時にはリビング、時にはキッチン、時には寝室。新しい17inch MBPはこういった利用も想定されているのではないでしょうか。普段は家の中で自由に持ち運んで使う。で使わない時や寝る前に電源に繋いで充電。まさに究極の「家モバイルPC」。

対局とも言えるNetBookも家の中で使われることが多いようです。ねっころがりながらYouTube見たり、テレビ見ながら調べものしたり。いざ外に持ち運んでも、外出先ではなかなか都合良くネットに繋げられないでしょうから自宅がNetBookの主な活躍の場でしょう。そんなNetBookに対してAppleは暗にこう言っている要な気がします。NetBookは軽くて小さい。便利な代物である。でもあなたは我慢して使っていませんか、と。解像度の低いディスプレイ、小さなキーボード、スピーカーだってそれなりのものしかついてない、プロセッサの性能も同様。だけど17inch MBPは違う。究極の高解像度にフルサイズキーボード、ノートパソコンとして最高峰のプロセッサ。ソフトだってiLife'09がついてくる。家の中で使うのに我慢しなくてもいいノートPC。

こんな具合にバッテリー要領の増加から話を膨らましましたが、室内利用だけでなくて当然持ち運ぶのも想定されているでしょう。このサイズと性能を持ち運ぶ必要がある、となると完全プロフェッショナル用途でしょうね。その場ですぐ確認がしたいフォトグラファーの方とかに好まれそうです。

小さいボディに考えられるすべてを詰め込んだVAIO type P

小さいボディに考えられるすべてを詰め込んだVAIO type P

続いてSONYは極小ノートPC VAIO type Pを発表。「落ちちゃう!! 落ちちゃうから!!」と見るものすべてをヒヤヒヤさせるCMで早速話題をかっさらっていますが、私はこれ今年のヒット商品になるだろうなあと思ってます。typePもサイズや価格からNetBookと同ラインを狙っているように思われがちですが、とにかくプラスα
で差別を計ろうとしている印象が強い。サイズは一般的なNetBookよりもかなり小さい。開発者の方も「手でガバッと掴める」ことを目標にしていたようです。液晶解像度は1600*768pxというとんでもない仕様。さらにワンセグ視聴や、ワイヤレスWAN内蔵で携帯電波が届けばどこでもネット接続可能。最近の国内ノートPCのトレンドをすべて盛り込みつつ、完全なモバイルも可能で、なおかつさらに小さい。

まだまだ一般層でのVAIOへイメージは高く「どうせならVAIOを選ぼう」という考えを持つ人も多い気がします(特に大学生?)。せっかく買うなら、ちゃんと使える全部入ったのが欲しいよね?ということでtype Pが選ばれるのでは。1600*768pxという解像度はブラウザとWordの同時起動といった実作業を踏まえた仕様なのでしょう。

「軽く、小さく」だけじゃないノートPCの価値を作らなければ果てしない競争に巻き込まれるだけ

基本は変えずユーザーの利用範囲を広げる施策をとったAppleに対して、いかに付加価値を付けるかで差別化を計るSONY。低価格化と更なる値下げ競争に見舞われるPC業界の中で、少しでも大きな利益を得るための各社のアプローチの違いが見えて面白いです。個人的にはやっぱりMacOSが使いたいのでtype Pはちょっとまた違うかなー…iPhoneもありますしね。

新年の挨拶の予定を変更しまして「パワーブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」をお送りします。

2009.01.09 Web

あけましておめでとうございます!!

…と、ここから元気よく今年の抱負やら何やらを語る予定だったわけですが、「パワーブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」バトンというものを弊社社長から頂きまして、いやここはやっぱり、新年一発目、答えなきゃいけないわけですな!! 正直去年のことなんかすっかり忘れてるんですが、うーん何はなくとも5つ出さないと。5つの中には「Webキャンペーンじゃなくね?」というのも含まれてるでしょうが異論は認める方向で。例によって妄想解説付き。

1. mixi年賀状

[mixi] ミクシィ年賀状

[mixi] ミクシィ年賀状

もはや押しも押されぬ「国民的SNS」と言えるmixi。最近のmixiはFacebookの動きをトレースしている傾向が見られましたが、そんな中でもまさに予想外、去年一番驚かされたネタかなと思います。考えてみれば年賀状は書かなくてもなんだかんだ言ってメールは送ったりしているわけだし動機は十分。mixiは「友達帳」ですから、あとはここから簡単に年賀状を送る方法さえあればよかったわけです。さらに今までならば住所を知らず年賀状が送れなかった人に対してもアプローチすることができる。そして最も重要なポイント、それは「課金」です。iPhoneを対象としたApp Storeから始まった「少額課金」の流れが今年はさらに大きくなるのではないか、と予想している方も多いようです。特にSNSは「基本は広告で食っていくもんだろ常識的に考えて」という雰囲気が強かったところにこのような企画が生まれたのは大きかったのではないでしょうか。次の一手に更に期待です。

2. ワリオランドシェイクのYouTubeドッキリプロモーション

ワリオランドシェイクのYouTubeドッキリプロモーション

YouTube - experiencewii さんのチャンネル

まず企画自体が面白かったこと。なーんだ単なるプレイ動画か…と思いきやあれよあれよと怒濤の展開。最後は8時だョ!全員集合を彷彿とさせる往年の大オチ。もちろんこれだけでも十分面白いんですが、Twitter@keita先生によると10秒ごとにログを取ってるらしい。この企画とは直接関係はありませんが、去年の3月からYouTubeインサイトという解析サービスが始まりました。映像コンテンツも情報解析の時代。YouTubeでは映像内からのリンクや、特定の再生時間へのディープリンクの実現など「映像コンテンツのさらなるWeb化」に取り組んでいるのが印象的でした。

3. UNIQLO DIGITAL CHIRASHI(ユニクロデジタルチラシ)

UNIQLO DIGITAL CHIRASHI(ユニクロデジタルチラシ)

UNIQLO DIGITAL CHIRASHI

これぞまさにキャンペーンじゃないw 先日DESS™のオオヤさんと話したときにユニクロの話になって、「この前ユニクロに行ったらいつもよりかなり混んでた。なんでだと思う?」と聞かれて「話題のヒートテックのおかげ?」と答えたら、「その日はちょうど新聞のチラシが入ってた日だった」と言われて、改めて感心してしまったんですよ。新聞のチラシがある日はお客さんが多く入るに決まってるのに、それをフッと忘れてしまうことがあるのはいかんな、と自戒を込めて取り上げさせていただきました。このデジタルチラシ自体もなかなかよくできてて、商品へのリンクが価格の表記の部分に貼ってある、というのはうまいなーと思います。安売りのチラシってもちろん値段が決め手ですし、値段を注目(クリック)することが購入への導線になる、というのはとても理にかなっていますね。

ただ問題はユニクロで買いたいと思っている人たちがこのチラシサイトにどうやってリーチするか。わざわざみんなここまで見に来るのか。新聞広告に劣らない「プッシュ」をいかに実現するか。逆に言えば新聞広告が活躍する場はまだまだあるぞ、とも言えそうです。

4. NintendoDS「うごくメモ帳」&「うごメモはてな」

NintendoDS「うごくメモ帳」&「うごメモはてな」

うごくメモ帳
うごメモはてな - メモからはじまる新しいコミュニケーション!
Touch-DS.jp - 社長が訊く『ニンテンドーDSi』- うごくメモ帳篇

さすがAKIRAFUKUOKA、任天堂に甘い。これもまたキャンペーン…とはいえないかもしれませんが、画期的な試みでしょう。DSiの専用ソフト「うごくメモ帳」から、自分が作った「うごくメモ」を投稿できるサイト「うごメモはてな」を株式会社はてなが運営する。今まで「ゲームがネットに繋がる」ことは多々ありましたが(一般的なネットゲームですね)、「ゲームがウェブサイトに繋がる」というのはほとんど初めてといってもいい事例なのではないでしょうか。もちろん任天堂のゲームですからこどもが遊ぶものとして安全なのか、問題はないのか、議論されるべき部分は多いでしょうが、まだそこまでクリティカルな問題も起こっていないなという印象です(ゆうたくんの件はちょーっと騒ぎ過ぎかなあと思ってます)。これまでハードという強固な殻で覆われていたゲームの世界が、Web側に大きく開かれ始める、その記念すべき第一歩かもしれません。

5. マクドナルド クォーターパウンダーの特別店舗による口コミプロモーション

マクドナルド クォーターパウンダーの特別店舗による口コミプロモーション

QUARTER POUNDER

別の方面で騒ぎになってしまい大変もったいない感じになってしまいましたが、敢えてこれを最後にこれをもってきました。表参道と渋谷に設置された「クォーターパウンダー」という名前の謎の店舗。最近流行の海外進出おしゃれハンバーガーショップ…と思いきや実際はマクドナルドの新商品のプロモーションのために開店した期間限定の特別店舗だった…。一見Webなんてほとんど関係ない話のように見えますが、この話のポイントは「隙の大きさ」にあったんじゃないかと思います。

当初このクォーターパウンダーはマクドナルドの商品であるということを隠していました。しかし隠すにしては、どうも抜けてるんです。今までマックが入ってた場所にそのまま店舗を出したり、そもそもクォーターパウンダー自体アメリカでとっくの昔から発売しているものだし、日本のマックでも一時期取り扱っていることもありました。本当にシークレットにするならば商品名を日本向けに変えるなり、手はたくさんあったはずです。例によって妄想ですが、これは敢えてバレやすくした、と考えられます。だってあれがマックの仕業だって気がついたら、誰でもこう言いふらしたくなるでしょう。「最近表参道にできたなんかこじゃれたハンバーガー屋さんあるじゃん?あれの正体実は知ってるんだー!! 実はあれマクドナルドなんだよー!!」とこんな具合。

情報は高きから低きに流れます。誰も知らない(と思われる)情報が入ってきたら人間、喋りたくなるんですよね。口コミのネタとしてはゴシップ誌のスキャンダル報道並みの性能を誇っていたのではないでしょうか。ウェブ上でも最初は「新しくできたお店に行ってみたよ!!」的な記事が多く見られましたが、次第に「あれはマックじゃないのか…?」という声が聞かれるようになりました。中には気がついていない人のブログエントリーにコメントで「あれ本当はマックなんだよ!!」と書いていく熱心な方もいらっしゃいました。落差を利用した見事な口コミ戦略でした。

ただ、どんなに素晴らしい仕掛けをしても、誠実でないといけないとは思います。「行列」の件は本当に片手落ちだったのかもしれせんし、逆に狙って事件にした可能性も否定はできませんが、何であれ誠実さがなければいかん、いかんぞ、と強く思い直す出来事でありました。

と、5つ書いたところでバトンを次に…

こんな具合に5つ書きましたが、なんかあんまりWebキャンペーンじゃないですね。いや、本当はもっといろいろあったと思うんだけど、なかなか思い出せないもので。今年は1年かけてWebキャンペーンとは何ぞやを勉強しないといけないですねw

で、3人に渡すバトンらしいですので、私よりももーっとパワーブロガーな方々へお渡しします。僭越ながら、trick7寺井さんWORLD ENDING 小野さんfladdict 深津さんにお願いいたします!! (追記:お忙しかったら全然無視してもらって大丈夫です!!)

さて、今年も仕事がんばっていきます。今年は純粋なWeb制作とはまた違ったことが多くなる年になりそうです。ブログでもいい記事が書けるように今年もがんばります。

2008年12月 | BLOG TOP | 2009年2月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link