WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

DIESEL XXX & 岩盤ナイト!!

2008.10.20

Appleと任天堂の話ばっかりじゃみんな退屈しちゃうね、ということで音楽の話。10/11のDIESEL XXXと10/18の岩盤ナイトにいってきましたよう。

diesel_and_ganban_0.jpg

世界17カ国で行われる「DIESEL XXX」は東京(いや幕張なんだけど)からスタート。何ぶんGMT2008のあとすぐに会場に入ったために、なんつうかお客さんが急にあか抜けた感じがして。いくら最近のゲーム好きの人がだいぶ普通の人が増えたとはいえ、それでも明らかに雰囲気が違う。私もなんか場違いなところに来ちゃったかな(しかも一人で)、という気持ちに。XXXらしかったのが、3つあるステージの1カ所が休憩スペースみたいになってるところ。フロアのど真ん中が小さな山というか丘のようになっていて、たくさんクッションが置かれてる。カップルの方は仲良く寝そべってね、という趣向かー…で、ちゃんとその丘一帯がライトアップされてるわけよこれが。その演出の意図がわかるから、なんだか自分が余計に飛んで火にいる夏の虫な感じが…ともかく私は強く生きていきたい。

かなり話が逸れた。XXXではSoulwax(iTunes)、Shinichi Osawa(iTunes)、2manydjsを中心に鑑賞。他のアーティストのプレイもいろいろ見たけど、なんと言ってもSoulwaxがすごい。Soulwaxの曲を聴いてると「最近のブリブリじゃんじゃんエレクトロな感じだからパソコンで作ってんだろうなー」と思ったんだけど、いや4人バンドなんですよ。目を疑った。ステージ上で4人が生で演奏してた。鬼神のごときドラムの迫力、昔のミシン台みたいなアナログシンセ…。もちろんライブだから彼らの曲を演奏してるんだけど、その中でも印象的だったのがDaftPunkの「Robot Rock」をカバー生演奏した時。いや、あれこそ生で演奏するもんじゃないでしょwww ドラムの印象的なイントロも、ベースも、ギターも、シンセも。ついでにボーカル(ヴォーコーダ使用)も。あまりのインパクトの強さにすごいっていうかもうアホだとしか思えなかった。こんな稚拙な解説しかできないほど印象が強すぎて他のアーティストのプレイそんなに覚えてないもん。

あとXXXで印象的だったのはメインステージの両サイドの映像。基本的に数台のカメラ映像がスイッチされてるんだけど、そのクオリティが高いこと。カメラワークももちろんだし、スイッチングも気が利いてる。本当に未編集でこのままCS放送とかで流れても遜色ないレベル。これだけレベルが高いとVJいらずだなーと感心してしまいました。大きな会場のイベントは大ざっぱな感じになりがちですが、XXXの場合は前述の演出といい、カメラ映像といいお金をかけていいパーティーを作ってるな、という印象でした。


diesel_and_ganban_1.jpg

で10/18は岩盤ナイト。こっちは空気的に私も肩身の狭い思いをせずにすみました(相変わらず一人だけど)。BASEMENT JAXX(iTunes)、VITALIC(iTunes)、JUSTICE(iTunes)、BOYS NOIZE(iTunes)を中心に鑑賞。4時間以上ぶっ続けで食い入るように。本当にどのアーティストのプレイも素晴らしかったですが、個人的にはSummerSonicの興奮再びということでJUSTICEが。PVはともかくStressかっこいいなと再認識。音のレイヤーがスピーディーに変わっていくのも他のDJにはない独特なスタイルでした。ガジェット好きには「例の踊る機械の曲」で通じるDisco!DiscoDisco!なあの曲もちょろっと。

VJはStereo Tennis。初めて拝見しましたが、ユルカワというか、ちょっとダメな感じが岩盤ナイトのコンセプトにけっこうはまっておりました。主に再生機材はDVJを利用していた模様。ディズニー映像の使用頻度が高かったですが、ポイントポイントでもスクラッチがうまくはまっていたようです。

blog comments powered by Disqus
Comment [2]
MOCHIZUKI HIKARI [2008.10.20 05:21]

私もDIESEL XXXとGAN-BAN NIGHT両方とも行ってきました。
1人でいったんですねー。おつかれさまでした。
DIESELとGAN-BANでは全然客層が違いましたね。
SOULWAXと2many djsは最高でした。個人的にKEN ISHIIの上手なプレイもとてもよかったです。
GAN-BANはBasement Jaxxが◎  ただ会場と開演が同時間のわりにエントランスがせまくて少々不満が。笑

AKIRAFUKUOKA [2008.10.21 01:53]

おお、両方とも行かれたのですね。お疲れさまでした。
2manyもよかったですねー。こちらも生で初めて見ましたがなんという安定感とふり幅!!と関心してしまいました。
岩盤は本当に最小限でなんとかうまくやっているんだなーという感じですね。個人的にはドリンクを早く買いたい!!とか思ったりしましたねー。





 
Trackback [0]

このエントリーのトラックバックURL:http://www.akirafukuoka.com/mt/mt-tb.cgi/393

新MacBook & MacBook Proを実際に見てきて補足。 | BLOG TOP | 祝・発売!! iPhoneアプリ「ToyCamera」&「LiquidPics」

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link