WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

笑おう、そして許そう。赤塚不二夫のように。

2008.09.30 Text

最近度々MOTHER3のことを思い出す。もしかすると最近映画化された「20世紀少年」が近いモチーフを表現しているせいかもしれない(こどものようなおとなの「せかいせいふく」の話だからね)。MOTHER3には印象的なシーンがたくさん登場するけれど、どうしてもあの、衝撃的なエンディングが焼き付いて離れない。

MOTHER

全てのキャラクターが登場するエンディング。主人公の少年・リュカと同じ空間に、リュカの肉親を殺めた(原因になった)人物が並んで登場する。なぜ?普通そんなこと許せる?自分の肉親を殺した人間と一緒の場所にいるなんてできる?確かに、その人物はある意味その罪に相応する「罰」(無期懲役、的な。)を受けているのだが、それでもすぐそばにそんな人間を置くことができるだろうか?謎は多いが少なくともMOTHER3の主人公は、その人物を許したということだろう。




赤塚不二夫先生が亡くなって、およそ2ヶ月。

タモリさんの弔辞の中で語られていた赤塚不二夫像は一言で言い表されていた。「これでいいのだ」。全ての存在を肯定し、許す。受け入れる。これらを言葉で言うのは簡単。だけどこれを実際にできる人はそうそういない。許すことは想像以上に難しい。「おやつを勝手に食べた」くらいなら簡単に許せそうだけれど、リュカのように肉親が殺められたとき、許せるのかどうか。これは難しい。もちろん法によって罪は償ってもらう…にしてもその人を許せるかどうかはわからない。

今世の中は「簡単に許してはいけない」方向に進んでいる。少しでもミスがあれば責任問題やら賠償金やら。「きっと消費者が許してくれないだろう」とう理由で、あるネットショップが間違えて10分の1の値段を表記してしまったパソコンを、本当に10分の1の値段で売ってしまうこともあった。

視点を移せば、今や世界はどこでも戦場になりうるようになった。テロとそのテロとの戦いは、どっちがスタートかわからないくらいに泥沼化している。「やられたからやりかえす」。終わらないけんか。どちらかがやめればいいのに、やめられない。

どちらか、というよりどちらもいつかは許さなければ終わることのない憎しみあいなのだ。悪いことをした人に対して罰を与える、けれどもどのみちどこかで許さなければまた憎しみが返ってきてしまう。いずれは許さなければいけない。

…でもそう簡単にはいかないんだよな。人間だもん。許したとたんにこれだよ…なんてことだってあるだろうし。優しさを行使するにも莫大なエネルギーがいる。自分の優しさに逆に心が折れるときもある。こんな文章を書いている自分ですら許すことが怖かったりする。リュカのような立場になったら許せる自信がない。でも許さないと先に進まない。

MOTHER3のエンディングは画期的だ。悪を倒して終わるのではなく、許して終わる。糸井さんは911以降の世界を変えるのはこれしかないと思ったんだろう。私もそう思う(勝手な推測だけど)。でもそれがどれほど難しいことか。そして辛い。苦しい。けれどこれがいつかみんなが目指さないといけない道、現時点での最良のエンディング。

改めて思う。赤塚先生は未来人だ。この「許す」というとてつもなく大変なことをしつづけてきたのだから。きっと楽ではなかった、苦難の道。だからこそ「楽しく」「笑って」じゃなきゃできない。笑いの力が世界を癒す。笑いながら彼の進んだ道を進もう。おとなのようなこどものような、彼こそが21世紀少年。大好きです、今までありがとうございました。

Photokina2008とPENTAX - 作ることも大切だし、売れることも大切。

2008.09.23 Gadget

デジタル一眼はフルサイズ、動画対応の時代へ

2年に一度のドイツのケルンで行われるPhotokinaが開幕した。ピンとこない人はカメラ版東京モーターショーみたいなのを想像してもらえれば。もちろん日本の各社も展示に参加している。コンシューマー向け一眼レフの市場が一段落し、今年は各社フルサイズフォーマットのデジタル一眼レフに注力する姿勢が見られ、新たな競争の火蓋が切って落とされた感もある。また、NikonのD90、CanonのEOS 5D Mark IIは一眼レフカメラながら動画撮影に対応している。

D90とEOS 5D Mark II

電子部品の進化がまた新しい表現の道を切り開いていく。元来のカメラファンいとって動画撮影はいらない機能かもしれないけど、カメラを「表現の道具」として見たときにこれは面白い進化だと思う。もしかしたら10年後とかには一眼レフは動画を撮るための道具、なんてことになってるかもしれないしね。個人的には早く動画対応一眼レフを手に入れて短編かなにか撮ってみたいな。

やっぱりマイペースなPENTAX

で、写真ブログPICTのほうでも明かしている通り、PENTAXユーザーの私としてはPENTAXの動向が気になるところ。PENTAXは本当にマイペースというか、変わった会社だと思う。確かに事業自体のサイズが他の競合他社(Canon、Nikon、SONYなど)に比べて桁が一つ小さいからかもしれないけど、「他社にはない変わったものを作る」というスタンスをここまで明確にしている会社も珍しい。

各社が35mmフルサイズ対応一眼レフを開発している間に、PENTAXは645フォーマットという35mm判よりももっと大きなサイズのデジタルカメラを開発している。いわゆる中判カメラのデジタル版。ここまで来ると利用する人間が限られてくる商品だろうが、それに心血を注ぎ込んでいるのもなんだかPENTAXらしい。

PENTAXが作るレンズも普通のメーカーが作らないものが多い。その最たるものがLimited、と釘打ったシリーズ。面白いのがこのズームレンズ全盛の時代に単焦点レンズ…つまりズームができないレンズだということ。普通の人はなんでまたそんな不便なもんを…と思うところだけど簡単に言うと私みたいなカメラオタク向けの商品。ボディが完全アルミ削りだしでデザインにもこだわってるところがモノ大好きのオトコ心をグッと掴むのが狙いな訳ですよ。でまんまとその狙いに私ははまっちゃってるわけですよ。で、今PENTAXが開発中の次のLimitedレンズがこれ。

DA15mmF4ED AL Limited

DA15mmF4ED AL Limited。広角15mmでこのサイズって。明るさは犠牲になってるけどこのサイズはアタマおかしい(もちろんいい意味だよ!!)。小さなフードが目を引くけどこれはきっと内蔵されていて必要なときだけ繰り出せるようになってるのかも。さすがギミックも男の子向け。物欲を刺激するとはまさにこのことか。こういう企画にゴーサインを出しちゃうこの会社は本当に面白い。ただ真面目なレンズもちゃんと出す。

DA★55mmF1.4 SDM

DA★55mmF1.4 SDM。おそらく「嘘かほんとかわかんないけどあまりの出来の良さにNikonが85mmレンズを作り直した、という伝説」を持つFA★85mmF1.4のデジタル版的な。このレンズは本当に欲しい…けどお値段はきっと…来年の1月まで待ちましょう。

ユーザーの手に届くまでが会社の仕事

そんなPETNAXを見てて思うことは、他社の製品とは違う方向に製品力を見いだしている。いい製品は確実にできている。でも、それを欲しいと思う人に本当にちゃんとアピールできているのかどうか。Limitedレンズ関連のキーワードの検索数が多いにも関わらずLimitedレンズ専用ページを作っていない。初めて一眼レフを使う女性層をターゲットにした新商品のページなのにこの構成・内容でいいんだろうか。どんなすごいカメラを作ってもレンズを作っても、それがちゃんと必要な人のところまで届かなければ意味がない。これは自戒も込めて。

「ABMのRSSってFWA化してるよね?」…ってそんなことはないのですぞ!!

2008.09.22 Web

公開してまだ日が浅いですが、皆さんAnotherBookmark™略してABMを楽しんでいただけていますでしょうか。とりあえずタイトルがムックな件は置いておいて、ブログやらtwitterやら大阪てら子で何かと言及されていたのでこの話題にはタッチせずにはおれません。まず最初に「RSSのFWA化」って何だ?という話ですが、これは「FWAのRSSフィードのように、紹介してるサイトのURLをRSS上に載せないで、わざわざFWAのページ上に誘導して、その上でようやく目的のサイトのURLを見せる」手法のことで、つまりは「それめんどくさいかな&ちょっとあのー…なんていうか…」ということらしい。

結論を言いますとABMはそのような手法は取っておらず、RSSにしろブログパーツにしろブログシールにしろ全て紹介しているサイトへの直リンクとABMの紹介ページへのリンクの両方を表記しております(RSSなどで一部不具合がありましたが現在は修正を完了しております)。今回のリニューアルではABM上に各エントリーのパーマリンクが存在するようになりました。例えばこんな感じ。そのため、従来のABMでは「エントリーのタイトルもしくは画像をクリックすることで紹介しているサイトに直接ジャンプ」していたところを「エントリーのタイトルもしくは画像をクリックすることでABM上の紹介ページへジャンプ」する仕様に変更いたしました。そして紹介しているサイトのURLを併記する仕様に変更し、URLクリックで「紹介しているサイトへ直接ジャンプ」するようにしました。

また、ブログパーツは色のカスタマイズができてしまうため例外ですが、ABM上ではサイト内の画面遷移をする要素は黒(もしくはグレー)、サイト外のページへジャンプする場合は水色での表記に統一しています。URLの表記場所などは以下の通り。

abm_rss_fwa_0.jpg
ブックマーク

abm_rss_fwa_1.jpg
ブログパーツ

abm_rss_fwa_2.jpg
ブログシール

abm_rss_fwa_3.jpg
RSS(画面はGoogle Reader)

何にせよABMをご利用いただいている皆様に混乱を招きましたことを深くお詫び申し上げます。と同時に、今までのABMに慣れてしまった方は申し訳ありませんが、この新仕様にどうにか適応していただければと思います。「慣れたら10倍速く、便利に使える」がモットーのリニューアルですのでどうかご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

…とここまで書きましたが、これもあくまで制作者側の考えでありますからURLの表記以外にも、使用して「ここはおかしい、不便、理にかなってない」などの点がありましたらぜひこのエントリーのコメント欄に書き込んでくださいませ。全てに対応できるかはわかりませんが、皆さんのお役に立てるよう尽くしていきたいと思いますのでどうかよろしくお願いいたします。

なお、「僕がABMを一番うまく作れるんだ」とか「俺がABMだ」という方がいらっしゃいましたら一度こちらをご覧になってはいかがでしょうか。

「AnotherBookmark™」 - 全てを新しく、リニューアルしました。

2008.09.19 Web

「AnotherBookmark™」 - 全てを新しく、リニューアルしました。

2年半前、FICCで初めて「仕事ではない仕事」をしました。社内での参考サイトの情報共有を円滑にするためのプラットフォームとしてブックマークサイト「AnotherBookmark」を設計しました。最初はひっそりとしたサイトでしたが、いつしか投稿者に社外の方も増え始め、ありがたいことにWebデザインに携わる様々な方々から支持していただけるサイトとなりました。現時点でブックマーク、ニュースの投稿数は合わせて4500件を越えています。

しかしこの2年半の間の投稿数、そしてユーザーの拡大にプラットフォームが耐えられなくなってきたのも事実でした。当初のコンセプトを貫き、設計を大きく変えなかった我侭な私に責任があります。それでもAnotherBookmarkに愛着を持って、優しく見守ってくださったユーザーの皆さんにまず感謝の言葉を伝えさせてください。本当にありがとうございました。そして、これまでの膨大な情報を生かしながら、さらにデーターベースを充実させ、今まで以上に使いやすいサイトとしてAnotherBookmarkをリニューアルしました。テーマは「速さ、使いやすさ、正確さ」そして「ユーザーによって充実していくデータベース」です。

AnotherBookmark™
インターフェースを一新、さらに速く、使いやすく - AnotherBookmarkをリニューアル | FICC PRESS RELEASE

AnotherBookmarkの新インターフェース

新しいインターフェースは非常に明快です。中央のウィンドウ内で全ての情報が展開されます。従来のBookmarkNews、そして新たに加わったPublicPostの投稿を整理されたかたちで閲覧することが出来ます。

閲覧したページはブラウザのように記憶され、ヒストリー間を自由に移動することができます。

閲覧したページはブラウザのように記憶され、ヒストリー間を自由に移動することができます。また、ユーザーの混乱を避けるためパンくず式のメニューも実装しました。自分が何を見ているのか、わからなくなることはないでしょう。さらに多くのページには直リンクアドレスが存在するので、友達にページを教えるときも便利。あと、データの読み込みが非常に軽快になったことも付け加えておかなければ。

新しくなったのはインターフェースだけではありません。「ABM User」アカウントというものができました。ABM Userアカウントは誰でも無料で登録することができます

アカウントを使うと「お気に入り&コメント機能」が利用できま

まずアカウントを使うと「お気に入り&コメント機能」が利用できます。気に入ったエントリーを自分の「お気に入り」エントリーとしてコメントと一緒にリストしておける機能です。ABMは一つのエントリーについてくる情報が1、2行程度と少ないものでしたが、これからは皆さんのお気に入りコメントがエントリーの情報を拡充して、さらにエントリーが有益なものになっていくでしょう。

また、アカウントを持ていると「PublicPost」というABM Userのためのスペースにニュースを投稿することが可能になります。これからは一般ユーザーからもABMのネットワークを使って情報を発信することができます。

どのユーザーも自身で情報を補強し、整理し、発信できる。自分の手で、もっと便利に、使いやすくする。これが今回のリニューアルの大きな柱であり、最大のチャレンジです。リニューアルしたABMから新しい化学反応が生まれることを期待して。

あとABMで忘れちゃいけないのがブログパーツ。今回もカラーリングを完全カスタマイズできる仕様で登場です。さらにそれとは別に個別のBookmarkエントリーの情報を貼付けられるブログシールも制作しました。ABMに載っているサイトをブログで紹介する際はぜひ使ってみてください。ちなみにこのブログシールを貼ると、貼ったページのアドレスがABMに自動的にトラックバックされる仕組みになっています(RSSが存在するブログのみ対応)。ちなみにブログパーツとブログシールのスクロールの仕方は…ガジェットに詳しい方ならすぐにわかるはず。


制作のスタートは1年前ほど。細々とデザインと開発を続けてきました。旧ABMはデザイン、設計、制作全て私だけで行いましたが、大切なリニューアル、今回デザイン&HTMLに関しては鈴木さんにお任せしました。みんなに愛されるように、ということでちょっとカワイ目に。画面構成にAppleを感じる部分があるとするればそれは私が小姑のごとく口出しをしたからと思っていいです(笑)。そんな私の嫌な口出しにもしっかり対応してくれた鈴木さんに多大なる感謝を。でも一点だけ、ころんとした新しいロゴだけは私が作ってみました。ダルマの目みたいなものですかね。残りのFlash&サーバサイドは例によって私一人です。自分の我侭は自分で解決、という感じですが、私がやってきた仕事の中で今回のAnotherBookmarkが一番手がかかったサイトです。間違いなく。


実は既にWORLD ENDINGのonopkoさんがこんな素晴らしいエントリーを書かれていて、実はこの記事もほとんどそれを読みながら書いていたのですが、完璧な洞察で制作者以上によくわかってらして、正直泣いた。私の記事よりもいいことが書いてあるのでぜひ読んでください!! 他にもとつかさんかみむらさんジャガングルスまゆさん鈴木さんもブログ記事を書いてくれました。「たぶんアキラが説明すると思うから」…っていやいやみんな書いてくださいよ!!


と、なんだか長くなっちゃいましたが、ABMの使命は「Webクリエーターのインスピレーションを刺激する」こと。そのための仕組みを今回のリニューアルで全て盛り込んだつもりです。ですのであとは皆さんに使っていただくだけ、ですね。私もコントリビューターの一人としてクリエイティブな面白い情報をABMからどんどん発信していきますので、これからもABMのチェックを怠らないようによろしくお願いいたします!!

最後にtwitter・各種ブログなどで書き込みがあったのでちょっと補足です:
・制作にProgressionは残念ながら使っておりません。てか正直使いたかったです。使ったらもっともっと楽だったろうに…。Progressionは本当に素晴らしいので皆さんぜひ活用してくださいね!!
・そういえば、なんだか「おでんがどうこう」とか言っている人がいますが私には何のことやらさっぱり…

2008年8月 | BLOG TOP | 2008年10月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link