WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

スーパーファミコンの思い出

2008.02.08

スーパーファミコンの思い出

痛いニュース(ノ∀`):スーパーファミコンの思い出

まさか痛いニュースを元ネタにする日が来ようとは思わなんだ。でも記事のタイトルが目に入ったとたん、食い入るように読んでしまった。スーファミの思い出ならもう止まらない。喋るなと言われても喋り続ける。

そもそも我が家には "ファミコン" がなかった。いわゆるアズキ色の初代ファミリーコンピューター。その代わりに我が家にはセガマークII(正確にはSG-1000II)があった。正直もうこの時点で「え?何それ?私聞いた事ないしー何それー?」見たいな顔をしているひと多数であろうから簡単に説明すると、姉が父親にファミコン買って!!とせがむ→デパートのおもちゃ売り場に到着→2人ともよくわからないから店員に勧められた安い方の機械を買う→セガマークIIが我が家に…おお、かみよ!! いや、セガの名誉のために言うけどセガマークII、面白かったんですよ。我が家にDSが登場するまで家族が最も遊んだゲームは「ロードランナー」だったし、「忍者プリンセス」はアクション性の高さと最後の巻物が見つからない悔しさで強く記憶に残るソフトだった。私にとってはかけがえのない初めてのテレビゲームだったし、どんなにゲームバランスが悪くても、それは大切な体験だったわけで。

とはいえ、その頃から友達やいとこの家でファミコンを触る事もあって、ニンテンドーがすごい事は感じてた。ドラクエは見た事なかったけど、マリオ3のあの楽しい感じがずーっと頭の中に残ってた。

それから小学生になって、あるCMがテレビで放映され始めた。

スーパーファミコンができたんだ!! それからの小学校6年間、人生で一番長い6年間を一緒に過ごしたスーファミ。人に言わせれば、たかがゲーム。それでも一番吸収する時期に一番接していたのもゲームだったから。もしスーパーマリオワールドをやってなかったらウェブ、というかデザインに全く興味持ってなかった。


こんな小学生を許してくれた両親にただただ感謝。


気が向いたら続きます。

blog comments powered by Disqus
Trackback [0]

このエントリーのトラックバックURL:http://www.akirafukuoka.com/mt/mt-tb.cgi/272

仮想世界を現実にする「AR」とは?〜電脳コイルのススメ。 | BLOG TOP | 追悼・市川崑

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link