WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

1,920×1,200ピクセル版MacBook Pro 17inchのすすめ。

2007.07.31 Gadget

MacBook Pro 17inchを買いました。

MacBook Pro 17inch 2.4GHz / 1920*1200px

興奮しすぎて写真撮りまくってますが、購入に至った経緯は以前のエントリーに譲ります。以前のエントリーでは15inchか17inchかで迷うそぶりも見せましたが、実際には迷わず17inchを購入。そして実際に手元に届いた訳。で、結論から申しますと「私は間違えていなかった」。とてつもなくヤバいです17inch。デカい重いとか言ってる場合じゃねえぞー!!

で。

改めて最強にヤバいポイント。それはやっぱり。
1,920×1,200ピクセルの画面解像度。

17inch MacBook ProはBTOオプションで1,920×1,200ピクセルの画面解像度を選択可能(標準では1,440×900ピクセル)。これがどれほどの数字か。最近よく聞く薄型液晶テレビの「フルハイビジョン」(もしくはフルスペックハイビジョン等)。これは1,920×1,080ピクセルの解像度であることを示している。つまりこの17inchには大型ハイビジョンテレビ以上の解像度がこのサイズに詰まってるわけ。ま確かにこれはテレビの場合ですが、仮に普通のパソコン用液晶ディスプレイでこの解像度を得ようとすると、一般に23インチ以上のサイズが必要になる。それがこの17inchに収まってんだからもう信じらんない。実際に1,920×1,200ピクセル版17inchを一目見れば解るけど無茶苦茶ピクセルが細かいこと。おかげで文字もアイコンも極めてくっきり見える。しかもノートパソコンにしては画面明るすぎ(もちろん調整可)。だし斜めから見てもくっきり見えるってもう!!

CPU等の性能は15inchに準じたものである以上17inchの売りはこの解像度しかない。いや、15inch単体では絶対に得られない解像度だからこそ尊い。前述の通り15inchでこの解像度を得るためには23inch CinemaDisplayが必要。それが1,920×1,200ピクセル版17inchならこれ一台で済む。もちろん持ち運びもできる。これに代わる自由は15inchにはない。

ではこの17inch MacBook Proは誰が、どんな人が買うべきなのか。

まずPCでオーディオビジュアル派。家でDVDを観たりiTunesで音楽や映像を観たりする人にとって画面サイズは非常に重要。そりゃデカいほうがいいに決まってる。ではそれ以外は…となるとやはりクリエーターでしょう。印刷関係の人は一度に表示できる量があればあるほどいいわけだし、映像関係なら特にフルHDが100%サイズで表示できるノートは何よりも貴重。

では私も含めたwebクリエーターは。もちろんDreamWeaverにFlash、Fireworksに各種ブラウザ、テキストエディタにFTPクライアント…と多種なソフトを使うために画面サイズが大きいのは大歓迎。ただしこの17inch特有の「クセ」もあります。それはピクセルが非常に小さいこと。つまりピクセルが細かいが故に、同じ画像をほかの液晶ディスプレイで観るよりも1,920×1,200ピクセル版17inchで観たときの方が小さく見えてしまう。なのでこの液晶だけしか観ないでサイトを作っていると、ほかのディスプレイで観たときに思わぬ印象を受ける可能性も。これはあくまで「慣れ」の問題なので大きさの感覚が掴めれば全く問題ないはず。現に私も仕事の大部分をこのマシンでこなしてますが、問題なしでやってます。いや、ホントすごいです17inch。

一方17inch最大の弱点とも言える大きさ、重さ、ですが、私個人の感覚としてはあまり気にならないです。最近毎日会社まで持ち運んでいますが(片道35分程)、あまり余計なものを持たなければそんなに辛くないです。ただバッグは斜めがけタイプを推奨。トートは無理!!


…ということで1,920×1,200ピクセル版MacBook Pro 17inchの魅力を延々と語りましたが、今までほとんど誰も見向きもしなかった17inch MacBook Proだけに今が買い時。その先見性に周囲の畏敬の念を集めること間違いなし(理解されない場合はスルーで)。いや、この1,920×1,080ピクセル版MacBook Pro 17inchこそ「現時点で最強のMacBook」ですはっきり断言。

Apple Store(Japan)

タグホイヤー フォーミュラ1ドリームキャンペーン

2007.07.23 Web

タグホイヤー フォーミュラ1ドリームキャンペーン


FICCの最新作(私はノータッチですー)。なんとあのタグ・ホイヤーの国内キャンペーン用サイト。

タグホイヤー フォーミュラ1ドリームキャンペーン │ F1日本グランプリにご招待
AD : KENICHI SUZUKI / De: KENICHI SUZUKI / Dv : HIDEKAZU MAYUMI

クロノグラフ「リンク」の生誕20周年を記念して新たに発売されたモデルのプロモーションサイト。最大の見せ場はなんと言ってもサイトのために作成された高解像度映像。クオリティ高すぎてもう大変なことに。カッコ良すぎです。MIRAY DESIGNさんありがとうございました!!

そしてさらに。サイトローンチと同時に公開された「キャリバーS」ブログパーツ

タグホイヤー フォーミュラー1 ドリームキャンペーン

本物のクロノグラフがブログパーツに。ただの時計機能だけではなく、100分の1秒まで測定可能なストップウォッチ機能もつけて「キャリバーS」の動作を完全再現。使い方の詳細はブログパーツ内の「?ボタン」をクリックしてください。リアリティを追求したブログパーツ、ぜひ皆さんもブログに貼付けてくださいね。早速ブログに貼付けている方もいて嬉しい限りです。

制作に関わったSUさんMAYUさんお疲れさまでございました。そういえばFICCのサイトを見て思ったけど、私ここのところ何も作ってないですね…あらあらあら…。

PICT。登場。

2007.07.17 Web

WWW.AKIRAFUKUOKA.COM PICT

また名前の長いコーナーを作りました。今度はフォトブログです。

WWW.AKIRAFUKUOKA.COM PICT

こういうのはFlashでやろうか、とか他ブログに貼付けられたり…とか考えたりしましたが、うだうだやっててもしょうがないのでさらっと作りました。最近写真を撮る事が少なくなってて、自分がアウトプットする場所がないと写真撮らないような気がしたので。…というか要するにダカフェ日記さんですよ!! ええ!! も買いましたよ!! 初めて買ったブログ本ですよ!! いいなぁ、いいなぁ。ダカフェ日記さんを観る度に幸せな気分になる反面、自分の生活の侘しさを知る、というこの、なんていうかこの!! 俺一人っ子じゃないですか…だからいいなぁって!! …あれ、なんで俺、泣いてるんだろ…。

…と。はい取り乱しました。自分こういう展開好きなんですよ。若干ウソ入ってるし(一人っ子じゃないよ)。毎回毎回付き合ってもらっちゃってすみません。はいはいサイトについて。デザインも突貫、細部に関してもあまあまですが、肝心なのは中身ですよ。…っていい写真撮れる自信ねえ。かわいい写真が撮れるようにがんばるから。私。もしよろしければRSS登録していただければと。

TimeMachine Player

2007.07.14 Flash

TimeMachine Player


WWW.AKIRAFUKUOKA.COMのトップページが変わりました。時をかける映像。

WWW.AKIRAFUKUOKA.COM
WWW.AKIRAFUKUOKA.COM - TimeMachine Player

要するに以前紹介したFICC LABSで私が公開した疑似TimeMachineを改修してムービープレイヤー化したものです。アイデアはYOU-KINGさんより拝借。で、流れている映像は大昔のVJ素材をまとめたもの(いい加減新しいものを作りましょう>自分)。動作的には、FLVを読み込みとびとびに1コマずつキャプチャ、それを奥行き方向に並べてあとは3D空間を移動。音声はFLVとシンクするようにしています。実際にこのプレーヤーで映像を再生すると、映像なんてただの静止画の連なりだという事がよくわかります。ちなみにそのまま再生するよりも一時停止してキーボードの左右キーでコマ送りをするとなかなか楽しいです。

話がちょっと戻りますが、元はと言えばMac OS X Leopardのバックアップツール「Time Machine」を模したものです。しかしAppleはなぜここまで他のソフトでは類を見ない、派手な演出・インターフェースを採用したんでしょうか。あくまで推測ですが、バックアップはパソコンの操作の中で最も「めんどくさい」部類に入る作業。その作業を少しでも楽しく、抵抗が無いようにするためのAppleが考えた演出なのかもしれません。それにしても仰々しいですが。

さてさて、そろそろAdobe CreativeSuite3の寸感も書いていきたいところですが、それはまた次回に。

大切なお知らせです。AnotherBookmarkが移転しました。

2007.07.03 Web

ABM has moved.

WWW.AKIRAFUKUOKA.COMをご覧の皆さんこんばんは。フクオカアキラです。今日は皆さんにとても大切なお知らせを一つ。FICC AnotherBookmarkが移転しました。

FICC Another Bookmark Beta

新しいURLは www.anotherbookmark.com です。AnotherBookmarkへリンクやブックマーク、RSSリーダーへの登録を行っている方はぜひ新しいURLに変更してくださいますよう宜しくお願いいたします。

また、おなじみAnotherBookmarkのブログパーツも少し新しくなりました。新しくなった点は、
・劇的にダウンロード量が小さくなった。
・デバイスフォントへ変更。読みやすくきれいに。
・画面に入りきらないタイトルはスライドして表示。
…等。まだありますがぜひそれはブログに貼付けてご確認ください。

既にお持ちのブログにAnotherBookmarkのブログパーツを設置している方はぜひ新しいブログパーツへの張り替えをお薦めいたします。以下の手順で簡単に張り替えが可能です。

(1) 自分のブログに貼られているブログパーツから「同じカラーリングでブログパーツを貼り直す」をクリック

自分のブログに貼られているブログパーツから「同じカラーリングでブログパーツを貼り直す」をクリック

旧ブログパーツには「同じカラーリングでブログパーツを貼り直す」ボタンが表示されているのでこれをクリックします。クリックするとwww.anotherbookmark.comへジャンプ。いきなりブログパーツ編集画面が表示されます。

(2) 自分のブログのURLが記入されている事を確認して「コード書き出し」をクリック。書き出されたコードをコピーする

自分のブログのURLが記入されている事を確認して「コード書き出し」をクリック。書き出されたコードをコピーする

AnotherBookmarkのブログパーツ編集が麺が表示されたら念のためブログパーツのカラーリングと、ご自身のブログのURLが正確に記入されているかどうか確認してください。確認ができたら「コード書き出し」ボタンをクリック。ボタンの下にブログパーツ張りつけコードが出力されます。出力された箇所をクリックすると自動的にクリップボードにコピーされるので、そのままご自身のブログ編集画面へ移動。自分ブログの貼付けたい箇所に、先ほどコピーしたコードをペースト(貼付け)してください。

(3) 張りつけ後、ブログを必要であれば再構築して、新しいブログパーツが貼付けられている事を確認してください

張りつけ後、ブログを必要であれば再構築して、新しいブログパーツが貼付けられている事を確認してください

ブログにコードを貼付けたら、必要ならばブログの再構築を行い、ブログに新しいブログパーツが貼付けられているかどうか確認してください。

ちなみに旧アドレスにアクセスするとちょっとしたおまけが…といってもアクセスして10秒後には新サイトに飛ばされます。


AnotherBookmarkは今後もどんどん面白くなっていきますのでお楽しみに。今後もAnotherBookmarkを宜しくお願いいたします。

2007年6月 | BLOG TOP | 2007年8月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link