WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

Flashの怪談…数字は11文字ある!?

2007.06.29 Flash

Flashにとって数字は全部で11文字

FlashCS3の使用期限が過ぎて長いこと経ったフクオカですこんにちは。せっかくCS3で作ってた作品があったのに途中で中断しちゃいましたよまったく…AS2で作り直そうかしら。…と、そんなのんきな事を考えていた矢先、私は恐ろしい事に気がついてしまったのです。

「Flashにとって数字は全部で11文字」

まずはこちらの画像をご覧下さい。

Flashのフォント埋め込み画面

何の変哲も無いFlashでの「フォント埋め込み」画面。Flashをお使いの方なら大抵は目にするであろうこのウィンドウ。でも冷静に見ると…

数字は11文字!?

数字の埋め込み文字数がなんと11文字。落ち着け自分。んぁあ落ち着くんだキャサリン。よーし落ち着いて一文字ずつ数えていこう。0、1、2、3、4、5、6、7、8、9…これで10文字。これ以上の文字は無い。どう考えても無い。11文字目って何なんだ!? ちょっと背筋が寒くなってきた。

世の中にはまだ見ぬ11番目の数字があるというのか?よしもう一度冷静にフォント埋め込み画面を見てみようじゃないか…と思ったらアルファベットに関しても埋め込み文字数が27文字!? アルファベットって26文字じゃないの?よーし落ち着いて一文字ずつ数えていこう(曲はもちろんABCの歌)。ABCDEFG、HIJKLMN、OPQRSTU、VWXYZ…26文字。んぁあ27番目の文字はいったい何なんだ?

僕にはさっぱり判らないよ。でもいいじゃないか、ほら、こうやってFlashが使えているんだから。ハハハハ……と、ここでめでたく幕切れと言いたいとこですが「ググれ」の一言で片付けられそうなのでとりあえずググったらさっそく該当ページがヒット。以下がその回答。

教えて!goo 数字は全部で10文字なのに文字オプションのフォントのアウトラインの埋め込みが11文字なのはなぜ?

要するに数字10文字だけでは小数点以下の数字が再現できず、アルファベット26文字だけでは文章を書く事ができない(スペースがなければThequickbrownfoxjumpsoverthelazydogとわけわからん)。そのためFlashは気を使って数字には「.(ピリオド)」、アルファベットには「 (スペース)」を1文字含ませている、というわけ。

実はこれってFlash界では一種の常識だったりするんでしょうか?なかなか面白い話だとは思いますが、これをデベロッパー飲み会で披露すると既出ネタとして流されてしまう恐れも。このネタ使用するときは周りの雰囲気を読んで慎重に。


関連リンク:
小数 - Wikipedia
アルファベット - Wikipedia
ディラン&キャサリン - Wikipedia

御存知ですか?FICC LABSのこと。

2007.06.22 Web

FICC LABS(エフアイシーシー ラボ)

FICCに新コンテンツが登場していたのでした。その名も「FICC LABS」。

FICC LABS

「実際の業務の中で行った試みや、採用した新しい技術などの共有を目的としています」ということで、FICCスタッフが得た技術を広く公開して、他のクリエーターのお役に立ちましょう、というコンテンツ、つまりは実験場です。扱うテーマはCSS、JavaScript、Flash、PHPといったコード系だけでなく、FICCらしくPhotoshopなどのデザインツールに関しても取り上げていきます。私は今のところFlashに関する「カメラと被写体の関係から擬似3D空間を作る (1)」と「カメラと被写体の関係から擬似3D空間を作る (2)」の2エントリーを投稿。

FlashでTime Machineを再現

Papervision3Dの登場で一気にFlashでの3D表現が注目され始めた昨今ですが、改めて「映像が3次元に見えるとはどういう事か」を考え直してみました。(1)ではCOBY風の一定空間での3D表現。そして(2)ではTime Machine風の奥行き表現に挑戦しました。非常にラフな説明ではありますが、皆さんの制作のお役にたてれば嬉しいです。

…と私もいつまでたってもAS2に留まっていないでそろそろAS3をちゃんと見据えなければなりませんね。FICC LABS次回の更新ではPapervision3D(のカメラ)を取り上げるつもりなのでお楽しみに。


関連リンク:
FICC inc. | Creative Solutions
Apple - Mac OS X Leopard
Adobe : Flash CS3 Professional

新MacBook Pro発表。で、どれ買う?

2007.06.08 Gadget

新MacBook Pro、15inchと17inchモデル


先日発表された新MacBook Pro。15inchモデルと17inchモデルが揃ってアップデート。

アップル - MacBook Pro

現在は2年半前に買ったPowerBookG4(12inch)を個人のメインマシンとして使用中ですが、Adobe CreativeSuite3の発売を控えている事もあり、そろそろ買い替えを考えていたときにこの発表。実に絶妙なタイミング。デザインの変更が無いためどこがアップデートされたのか判りづらいので大きな変更をピックアップ。

・液晶のバックライトがLEDライトに(15inchのみ)
先日Appleのサイト上でも液晶のバックライトを今年から順次LEDに切り替えることを発表したばかり。まずはMacBook Pro15inchモデルの液晶のバックライトがLEDライトに変更。従来の液晶のバックライトは水銀を含んでいたため、お世辞にも環境に優しいとは言えない代物だった。一方LEDライトは危険な物質を使っていない、発光時間(寿命)が長い、消費電力が少ない、と環境にもパフォーマンスにも優しい。

・BTOで1920×1200pxの液晶に変更可能(17inchのみ)
17inchモデルは残念ながらLEDバックライトではないけれど、AppleStoreのBTOにて液晶の解像度を1680×1080pxから1920×1200pxに変更可能。変更にかかる費用は12,810円と意外に安い。つまりいざとなれば24inch液晶相当の解像度を持ち運べるというわけ。環境に優しいかとかは置いておいて、これは非常に魅力的。

・2.4GHz Intel Core 2 Duo
マシンが速くなるに越した事はないので嬉しいっちゃ嬉しいけど、比較的どうでもいい話。


…で、実際にどれを買うのかっちゅー話ですが、いやね、今回の発表があるまでは15inch上位モデルがベストだろ、とか思ってたわけですよ。現在使ってるPBG4 12inch(と20inchのCinemaDisplay)を2年半前に何故選んだかというと、持ち運びが楽&いざとなれば外部ディスプレイを繋いで大画面で作業できるから。この選択は間違えていなかったと思うてか間違えてなかったし完璧な組み合わせ。ということで未だにPBG4を持ち運ぶ私だから、15inchを選ぶのは必然だったわけですよ。17inch毎日持ち運ぶのはさすがに無理でしょう。

…ところが。17inchモデルがBTOで1920×1200pxの液晶に変更可能になったことで状況が一変。17inch実はヤバいんじゃないかと。そもそもノートPCなのに、手持ちの20inchCinemaDisplayより解像度が高い1920×1200pxは反則でしょ。外部ディスプレイに繋ぐ必要がまったくない。作業環境としては最高。もし仮に持ち運ぶ必要があっても17inchだったら全然不可能じゃない。むしろ他社の17inchノートと比べたらここまで軽いものはないでしょ。MacBook Proは持ち運べる唯一の17inchノートと言える。でも毎日持ち運ぶのは大変…確かに。

しかしこれも2年前とはだいぶ環境が変わった。今はGmailを代表としてほとんどの事がネット上で完結してしまう時代。メールサービスやToDoリスト、RSS閲覧に巨大データサーバ…これだけあれば、最悪パソコンを持っていなくとも自分が端末がある場所まで行けば一通りの作業はこなす事ができる。ましてやiPhoneが出てくるような時代。持ち運ぶとしてもUSBメモリとiPodくらいで、出先でパソコンを取り出す事なんてなかなか無いでしょ。もし仮にあるとすればプレゼンの時くらいか。でもパワポ使うんだったらiPodで代用できるんじゃない?もしかしたらパソコンを持ち運ぶ時代はいつの間にか終わっちゃった、かも。


ということで、15inch買おうかと思ったら17inchが意外と良かった男の話。つまりは究極の家マシンは何か、という話です。いちおう店頭で15inchと17inchを比較してから本当にどちらを買うか検討しますが、この判断は私の今後の活動3年間分を決定すると言っても過言ではないので慎重にいかなければ。いやー自分の考えは間違えてないと思うんだけどなー。幸せな悩みである。

ちなみに勝手なアドバイス。ノートパソコンを買うなら絶対に内蔵HDDはできるだけ大容量のものを最初から選ぶべし。MacBookはHDD交換が楽だからまだしもMacBook Proはかなり難易度が高いらしいので、後で後悔しないためにも。

Apple Store(Japan)

2007年5月 | BLOG TOP | 2007年7月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link