WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

[from ABM] Let The Game Continue...

2007.05.25 Web

Let The Game Continue...

機動戦士Zガンダム最終回、宿敵(であり元カノでもある)ハマーンに完全に追い詰められたシャア。絶対的優位にあるハマーンはシャアに言い放つ。
「続けるか、それとも終わりにするか?」
満身創痍、絶体絶命のシャアの答えがこれだ。
「それを決める権利がお前にあるのか?」
そのまま答えず質問返し。さすがシャア。ここでも正論である。しかし大抵の男はその決定権を持っていない。シャアですら答える事を避けている。そう、答えは既に決まっている。この決まった答えに男は購う事はできないのである。

Let The Game Continue...

もはや日本でもおなじみになった海外生まれの男性用フレグランス『AXE』。このAXEのプロモーションサイト。AXEのコマーシャルの方向は決まっていて基本は「ちょいエロ・ちょいバカ」。この「Let The Game Continue...」もこの路線は徹底されている(とはいえ日本よりはエロ成分強し)。最近のキャンペーンサイトらしく、全編映像で構成されている。ならばテレビと変わらないのでは?と思ったあなた。ちゃーんとインタラクティブが隠されているところが重要なのです。以下ネタバレ含むので先に本編をご覧ください。

車を事故らせた男性(けっこうワイルドめ)。無限に続くような道路をとぼとぼと歩いていると…ド派手なキャンピングカー、乗っているのはかなり飛んでる女の子…。あれよあれよという間にめくるめく世界。目が覚めて気がついたときには身ぐるみを剥がされ全身傷だらけに。あても無い、さてどうする…と、目線の先にはセクシーな女性が二人。しかし身体が…というタイミングで "奇跡的に" AXEが登場。ここでユーザーは選択を迫られる。

「Do Not Continue(終わりにする?)」
「Let The Game Continue(それとも、まだ続ける?)」

どちらを選ぶかはもちろん決まっている。こんな具合に主人公は幸運と災難に次々と見舞われていく。映像のディレクションもエロくなりすぎない様に(それでも十分でしょうけど)、おバカのテイストをいい具合にまぜてて女の子が観ても可愛い感じ。個人的には電飾水着の人が馬に乗って出てきたときは笑った。いいです素敵。

で、このサイトの肝ですが、タイトルのとおり「Let The Game Continue」。肝心な所はユーザーに選択させる。でも「Do Not Continue」を選ぶ人はいない。映像を見せるだけじゃない、たったこれだけの事でユーザーはコンテンツに参加し、没入していく。そう考えると、今迄にもこんな経験あったような…と思ったら、これゲームのFINAL FANTASYと同じなのです。美しい映像とドラマを見せながら、プレイヤーにゲームを自由に遊ばせている様に見せかけて、実は一本のレールを従順に進んでいく。進めば進むほどプレイヤーはその世界にどんどんハマっていく、というわけ。

選択肢はあっても選択の余地はない。実はRPGを本当に突き詰めていくと、最終的にはこの「Let The Game Continue」に行き着くのかもしれません。


関連サイト;
THE AXE EFFECT
ファイナルファンタジー - Wikipedia

iPod用ゲーム版『LOST』は想像以上にクオリティ高い

2007.05.24 Gadget

iPodゲームでLOST


シーズン2も好評レンタル中の大ヒットドラマ『LOST』。謎が謎を呼び謎を呼び続けるストーリーが人気の『LOST』ですが、iPod用ゲームになっていたのをご存知でしょうか。5月23日からiTunesStoreにて600円でダウンロードできます(ただしゲームがプレイできるのは特定の第5世代iPodのみなので確認しましょう)。iPod向けゲームというとソリティアやテトリス、パックマンといったカジュアルゲームだけしかないと思っていましたが、このゲーム版『LOST』はかなり本学的なアドベンチャーゲームになっています。プレイヤーは登場人物の一人であるジャック(否、バウアー)となり、ドラマよろしく謎の無人島に不時着した他の生存者とともに生き残る術を探ります。

iPod版LOSTはアドベンチャーゲーム

ゲームのジャンルはアクションアドベンチャーといった所。ゼルダの伝説ほどアクションはありませんが、時に人を助け、時に武器を持ち、時にダイナマイトで活路を見出すところで、自分の手で状況を切り開く感覚がある。操作方法もiPodということで若干の不安もありましたが、意外と良好でびっくり。基本操作は中央の決定ボタンとホイールによるキャラクターの移動。これなら電車の中でも片手で問題なく操作できます。音もiPodだけあってしっかりしていますが、iPodに入れてある曲を聴きながらプレイする事も可能。グラフィックはぶっちゃけスーパーファミコンレベル…いやむしろiPodでこれだけできる事に驚き。飛行機の爆発シーンも(人が吸い込まれちゃう所とか)がんばって再現されています。あとキャラクターイメージが実写なのも好印象。ローディング時にLOSTの名台詞が表示される演出がLOST気分を盛り上げてくれます。

ちなみに台詞、メニュー含め英語・日本語両対応。iPod自体の言語設定によってどちらでプレイするか選べるので積極的に活用したい所。英語でプレイして英会話の教材にするのもありでしょう。

このゲームとは別に、海外のiTunesStoreではLOST本編ビデオのダウンロード販売も行っているのですが、日本では当分ビデオデータの販売はしなそうな雰囲気…うーん。ゲームもいいけどビデオもね。


関連リンク:
LOST シーズン2
LOST - Wikipedia

[from ABM] scienceunderfire.com

2007.05.23 Web

scienceunderfire.com

日本びいきの外国の人を見るとウキウキするのはなんででしょうね。

brace yourself. scienceunderfire.com

黒幕を割って入るは忍者か、侍か、軍用義体か、いや、ロボットだ。コンテンツに入るといきなり派手に登場するロボット。インパクトは絶大。いや、ちゃんとしたコンテンツがFlash内に入っているわけではないですが(ポートフォリオは別ページ)、FLVで3Dモデリングされたロボットが動いてるよ!!しかもこのクオリティ!?ってのがミソ。CGのクオリティは文句無し。明らかに士郎正宗リスペクトを漂わせてくれていますが、外国の人だから許せちゃう。きっと日本好きなんだろうなぁ。がんばってメニューにルビを振ってるし(一部ちょっと何を意味してるのかわかんないところがあるけど…)。

そういうことで、このサイトの面白い所はやはり徹底的に「日本」に目を向けているということに尽きる。桜、琴、そしてロボット。これだけの要素を入れようとするとややもあざとくなりそうなものなのに、そう見えないのは、やはりCGのクオリティ、演出の妙か。サイトに対する姿勢、スキルも含めてうらやましい。

コンテンツのボーリュームから言って一発ネタじゃない、と言う人もいるかも知れませんが、いやいや。MAY 1ST REBOOTにエントリーするサイトは数あれどこういうアプローチは本当に珍しいのでは。「一撃」で決まる勝負もあるかも、ってことでしょう。

ちなみにリニューアル前のバージョンもかなりキテるサイトだったんだけど(メカメカしくてクリーンなCGが最高。ここの上から3番目の画像参考)、これは見れなくなっちゃってるみたい。せっかくならこれも見れる様にして欲しかったなー。「復活させてー!!」って本人に直接打診してみようかしら。

関連リンク:
MAY 1ST REBOOT - IN ALL CAPS
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

AkiraFukuoka Interview @ The FWA

2007.05.19 Web

FWAでAkiraFukuokaインタビュー

世界有数のFlashアワードサイト「the FWA」に私AkiraFukuokaのインタビューが掲載されました。

The FWA - Akira Fukuoka FICC inc.

FWAでは今までANTEPRIMACOBYといったFICC制作(で私がFlashコーディング)のウェブサイトを取り上げられてきたこともあり、今回のインタビューに。用意された設問は、日々の業務、会社、制作物、Flashの今後、自分が興味があるサイト、会社、自分自身のこと…。全て素直に答えました(というか素直に穿っているというか)。

当然の事ながらFWAは海外サイトなので、質問とその英語は全て英語での記載です。きっと国際派の皆さんであれば日本語訳など用意せずともスラスラと読めてしまうでしょうから、私からインタビューの解説はしないことにします。ちなみに私は最初の質問からなんて言ってるか判りませんでした。

敢えてインタビューの読みどころを指摘するとすれば Q. What is the most expensive thing you've bought in the last week? でしょうか。日本で言うところの「ツッコミどころ」になっています。

関連リンク:
The FWA: Favourite Website Awards

引っ越しました。(無印と共に)

2007.05.06 Text

無印良品とともに引っ越す

今では引っ越しというとサーバやらアドレスやらの移転の事を指す事が多くなってきましたが、この引っ越しはリアルです。私事ではありますが、現実に自分の住所が変わりました。千葉・幕張から横浜・青葉台へ引っ越し致しました。

「なんで、引っ越し?」といろんな方に聞かれますが、ベタな理由としては通勤時間。半分以下です。それ以外は、と聞かれると答えに臆しますが、最近では一人暮らしもせず30近くになっても実家住まいをしている男性への否定的な報道がされている事もあり、するなら早め早め!!

…とここまで書いた所で非常に場当たり的な引っ越しなんじゃないか、とご心配する向きもあるかと思いますが、ネタも含めて綿密な計画をした上での引っ越しでしたのでご安心下さい。まず部屋決めが2週間前。条件はある程度人が呼べる、バストイレ別、ベッドはダイニング(orリビング)から見えない様に、Wiiができるくらいの広さ…など。一日で一つの物件に見当をつけ、次の日に即内覧。お目当て以外の物件も一通り見ましたが、やはり私の勘は間違っていなかった、ということでファーストインプレッションでお部屋を決定。一週間で手続きを終えながらもその一方で新居に必要なものを準備しなければ。

で。ここでフクオカは考えた。やろうと思えば無印良品で必要なもの全て手に入るんじゃね?ということで無印良品ネットストアから必要なものを片っ端からカートへドーン。電化製品、家具、寝具、掃除用具、食器、調理器具、文房具…本当に全て。ただ全部揃うから無印にした…というわけではなくここで肝なのは、引っ越し当日に全アイテムが引っ越し先に届くということ。つまり自宅からほとんど荷物を用意する事無く、引っ越しした日から全てのアイテムが揃った状態で生活を始められるわけ。まさにリアル・プロアクションリプレイ状態。ま、プロアクションリプレイあんま好きじゃないですけど。結果購入したアイテム数は大小併せて200点以上。来客があってもいい様に(というか無いと部屋の綺麗さを維持できない気がして)食器、タオル等は多少余裕を持って購入。金額は書きませんがやはりそれなりにいってます。ただ、ちょうど無印良品が期間限定10%OFFを行っていたのは神様の存在を信じたくなるようなナイスタイミング。

このような瞬発的且つ綿密な計画によって無事に引っ越しも終了。GWを使って新居に身体を慣らした感じです。引っ越しの効果が出るのはもう少し先になるかもしれませんね。あと前述の理由等により、突然の来客歓迎でございます。なお、我が家にはビールグラス、ワインオープナー(共に無印製)を用意していますので、ご心配なさらずビール、ワインをお持ち下さいませ。

2007年4月 | BLOG TOP | 2007年6月

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link