WWW.AKIRAFUKUOKA.COM BLOG

「テイラー・スウィフトのアルバムがApple Musicで配信されない結果、最後に得するのはAppleかもよ」という考察

2015.06.23

applemusic_2.png



定額制音楽配信サービスと、アーティストの利益

散々ニュースになっているのでご存知の方が多いであろう「テイラー・スウィフトがApple Musicが無料期間に聞かれた楽曲に使用料が支払われないことに対し抗議、Appleが慌てて無料期間も支払いをすることを認めた」問題

詳細に分解すると、まずテイラーがブログ“Apple Musicのサービス自体は素晴らしいと思うが、3ヶ月無料期間に聞かれた曲に対して楽曲使用料が払われないことは遺憾。メジャー、インディーズ含め世界中のアーティストに対して1年の1/4もの間の期間報酬が払われないのは不公平。なので私の最新アルバム「1989」はApple Music配信しません” と書き込み世界中の音楽ファンがSNS上で賛同。Appleは慌てて対応、ティム・クックの緊急承認がおり、副社長のエディー・キューのTwitterで「ちゃんと無料期間も支払います」と宣言し、テイラー・スウィフト大勝利!勇気を持って悪の帝国と戦いアーティストの権利を守ったテイラーは偉い!と大喝采になったわけです。

そもそもテイラーがアーティストの権利のためにアクションを起こしたのはこれが初めてではありません。現在最も普及しているストリーミング音楽配信サービス「Spotify」に対して “アーティストの利益が守られていない” として自身の楽曲のすべてをSpotify上から取り下げたことが大きなニュースになりました。その後Jay Zが立ち上げたアーティストのアーティストのためによるアーティストの利益を守る定額制ストリーミング音楽配信サービス「TIDAL」に賛同しています。

Apple Musicが取らざるを得なかったポジション

ここでApple Musicを取り巻く音楽配信サービスの状況について整理しましょう。まず最大派閥、先程挙がったSpotify。広告付き無料版と有料版(月額$9.99)が利用できて世界最大のシェア。もはやiTunes Storeを超えたと言ってもいい存在感の一方で先程のテイラーの訴えのような、アーティストの利益が軽視されているという問題が急浮上しました。そのカウンターとしてJay Zを中心として立ち上げられた(正確にはJay Zが既存のサービスを買い取った)TIDALがあります。”アーティストの利益を守る” が合言葉故に無料プランはなし、その代わりに$9.95の有料プラン、そしてさらに高音質な$19.95のプランもあります。またアーティストがファンに向けた独自コンテンツや、先行配信、未発表曲の公開などTIDAL独自のコンテンツも持っています。

applemusic_0.jpg

さてAppleのことをよく知っている方ならApple Musicがどのポジションに収まるか想像がつくでしょう。Spotifyより安かろう悪かろうは絶対に許せないしSpotifyは最大の敵。と言ってもアーティストが直で運営するTIDALにはコンテンツの質で勝つことはできない。結果Appleは両者の真ん中を選ばざるを得ません。このポジションでSpotifyに勝つために、コンテンツの質(TIDALほどではないにしてもアーティストが好きなコンテンツを配信できる)、価格(ファミリープランは最大6人で$14.99と格安)、対応機器(あのAppleがなんとWindows、Androidをサポート!)、社会イメージ(ちゃんとアーティストを大切にしますよ!)…と多様な点で戦わなければなりません。だからこそテイラーに「アーティストを大切にしていない!」と言われると非常に痛い。敵と横並びになってしまいますから。アーティストサイド的にも「お前SpotifyとTIDALの件見てたよね?絶対見てたよね?」と声を荒げたくもなるのもわかるところ。しかしあのいつも偉そうな殿様Appleがどうしてこんなせこせことした勝負をしているのかといえば、そう、Apple Musicには他社を突き放すような独自性がないからですね。どんぐりの背比べの中で勝つのはいかに大変かということです。

最新アルバム売りたいテイラー、iTunesライブラリの価値を守りたいApple

ここで話をもう一度テイラーに戻しましょう。先程最新アルバム「1989」をApple Musicで配信しないと言いましたが、実はテイラー陣営はTIDALを含めた他のストリーミングサービスでも「1989」を配信しないことを決定しているそうです。そしてAppleが無料期間の支払いを決定した後もアルバム配信についてテイラーは触れていない。先の説明の通りTIDALはアーティストの意向が最も強く反映されるはずですから、実はAppleが無料期間3か月分の支払いをしようがしまいが、そもそも配信する気はなかったんですよね。なぜか?当然 “最新アルバムなら皆お金を出して買ってくれるから” に決まってます。売れると決まっているものは高く売り出して(新作は通常販売)、売れなくなったものは安値で売れるようにする(旧作はストリーミング)ほうが利益になるのは誰が考えても明らかです。

さてまたしてもApple Musicの話に戻ります。Apple Musicの他社にはない最大の特徴はなんでしょうか。それは他社はストリーミングサービスだけを行っていますが、Appleはストリーミングと買い切り、両方の音楽配信方法を持っていることです。Apple Musicで「1989」が聴けないことを悲しむファンは次にどうするか?きっとiTunes Storeで1989で正規の価格で購入するはずです。言うまでもなく購入された代金の一部はテイラー、そしてAppleに入ります。つまり、Apple Musicで1989が配信されないことは、テイラー、Apple双方に利益がある、ということではないでしょうか。

applemusic_1.jpg

視点を変えて、そもそもなぜAppleはストリーミング音楽配信サービスに参入したのでしょうか。Spotifyが恐ろしかったから、ではSpotifyがAppleから奪うのは?音楽を購入する際iTunes Storeに支払われるはずだった金額?もちろんそれもありますが、最もAppleが恐れていたのは、ユーザーが持つiTunesの楽曲ライブラリが無価値化することだったのではないでしょうか。もしユーザーの持つすべての楽曲がSpotifyにあるとすれば、ユーザーが持っているiTunesライブラリの価値は消滅します。ライブラリの価値がなければiTunesに縛られることなく、ユーザーは別のサービスに旅立ってしまう。軒を連ねているApp Storeだって影響を受けかねない…。だからAppleはSpotifyのラインナップではあなたのiTunesライブラリを満たすことはできないということを証明しなければならない。例えば、テイラーの過去の楽曲がストリーミングで聴けて、且つシームレスに「1989」が購入/再生できるのはApple MusicとiTunes Storeだけ、という事実。ストリーミング配信に開いた穴を既存のiTunesライブラリやStoreが補完することで、サービスの差別化を図るだけでなく既存のライブラリを保有していることの価値を結果的に維持する役目も果たすはずです。

このようにApple Musicで「1989」が聴けないことが、結果的にiTunesのエコシステムを延命させることに繋がるのです。

ちなみに

別にテイラー・スウィフトがヒーローじゃない、って言ってるわけじゃないからそこはわかってくれよな!!Appleとの非常に強い共犯関係を感じる…今までにない何か熱い一体感を…というだけで。私の周囲には音楽を生業としている方がたくさんいますし、私の大好きな人たちの利益が守られるのなら本当に嬉しいことです。アーティストの利益を守るために戦ってくれたテイラー先輩に圧倒的感謝!!!!🙏🙏🙏

スプラトゥーンは「誰でもできることを一番評価してくれる」から面白い

2015.05.28

f3f6af72.jpg

すでに話題沸騰、ボイルホタルイカ状態のゲーム「スプラトゥーン」。正直この手のゲームは苦手そのものだったんですが、遊んでみるととにかく面白いじゃないイカ!それにはちゃんと理由があるんですよね。

FPS・TPSでは敵を倒せないとストレスがマッハ

私はいわゆるFPS、TPSと言われるタイプのゲームがとにかく苦手。これらのゲームは簡単に言うと “3D空間でマッチョの兄さんになって敵を銃で撃って倒す” タイプのゲームです。チーム戦だと敵を多く倒したり、敵陣地を奪い取ると勝ち、なんてルールがあります。で、私が苦手な理由は単純で「うまく敵に狙いを定められない」(エイムがド下手)から。うまく敵に弾丸を当てられない→敵倒せない→勝てない→チームに貢献できない→フラストレーション溜まる→もうヤダー!俺を少しは肯定してくれー!!…という悲しみのスパイラルに陥いるのでもう嫌で嫌でしょうがないんですな。タダのヘタレと言われればそれまでなんですが、そこまで苦しんでゲームやる必要なくない?意味わかんなくない?と思ってこのジャンルには手を出そうとしませんでした。

「床を多く塗ったほうが勝ち」だから誰でも参加できる

スプラトゥーンは4対4でインクを打ち出す武器を手に取り戦うゲーム。インクを敵に当てれば倒すことができる、TPSと言われるゲームの一種になるわけですが、この説明だけだとさっきのゲームと変わらないですね。でもスプラトゥーンの基本ルールである「ナワバリバトル」の勝利条件は敵を倒す数や陣地を奪うことではなく「地面を自分の色のインクで多く塗ったほうが勝ち」。つまり極論を言えば、敵と交戦しないで床を一生懸命塗るだけでもゲームとして成立してしまう!このルールは敵に攻撃を当てるのが苦手な私には最高です。なぜなら移動したり反撃してきたり敵を倒すよりも床を塗るほうが圧倒的に簡単だから!!

splatoon_1.jpg

もちろん敵を倒したほうが戦局が有利になるのは当然ですが、まず床を塗ることなくしてチームの勝利はあり得ない。し、敵にうまく弾を当てられなくても、地面を塗ることには変わりないので、このゲームには実質マトはフィールド全部!ハズレ弾は存在しない!全弾、全肯定!!つまりこの手のゲームが下手くそな私でも「ゲームに参加できる」し「チームにも貢献できる」!ちなみにこのゲーム中は他のプレイヤーとコミュニケーションをとることができません(テキストも声も)。下手だとしても相手がなじってくることはありませんし、出会いは一期一会。そもそもそんなこともする間も無く1試合はあっという間に終わってしまいますしね。

「誰でもできること」に最も高いインセンティブが設定されている

splatoon_2.jpg

スプラトゥーンではRPGのように自分のレベルが設定されています。レベルを上げるためのポイント(経験値)は対戦をすることで溜まっていきます。具体的には対戦中に自分が床を塗った面積に応じてポイントが貯まります(500〜1000ポイント程度)。また勝利チームにも一人300ポイントが与えられる。一方で敵を倒してもポイントは一切入りません。つまり、最も簡単な「床を塗る」という行為に最も高いインセンティブ(見返り)が、次に簡単な「チームの勝利」にはそこそこのインセンティブが与えられるのです。そして最も難しい「敵の撃破」にはインセンティブが付与されない。多くのゲームでは難しいことを達成したことをよりよく評価する傾向がありますが、このゲームはまったくの逆。この操作が上手くない人でも積極的に肯定される仕組みがあるから勝っても負けても、敵に倒されまくったとしても充足感を得られるのです。

まだまだあるけど書ききれない

そもそもこの「インクを射出する」「床を塗る」この操作が本当に気持ち良く作られている。ゼルダの伝説 で剣で草を刈るだけでも楽しい、というのとのと同じですよね。またさっきから床を塗る話ばかりですが、敵を倒すのが当然一番気持ちいい。私のような下手な人でもバリアのような特殊アイテムや他の人と一緒に攻めることで案外敵を撃破できてしまうのも良いところです。塗ってるうちにだんだん狙いが上手くなっていく。いろんなプレイヤーの考察を読むにつけ、装備の組み合わせやマップを理解した戦術など底なしの奥深さを感じます。

デザインも秀逸です。「スミを吹く」ということでイカをモチーフにしたキャラクターもかわいいし、「インクでいたずら」するのが自然に感じるよう、舞台をストリートにしたのもうまい。

スプラトゥーンは難しくて奥が深いゲーム、簡単に遊べるカジュアルなゲーム、両方を備えた “これぞゲームデザインよ!” と言える良いゲームじゃないでしょうか。「社長が訊く」ではアイデアの出し方から実現方法まで書かれていて読んで損なし!…とまあ堅苦しいことはこれくらいにして、あなたもWii Uとスプラトゥーンを買って遊んでみたらいいんじゃなイカな?

ゼノブレイドはなぜ面白いのか 〜 ヘイトコントロールがストーリーを前進させる

2015.04.28

xenoblade_fig2.jpg

ゲームへ向き合わせるストーリー手法

遂にWii U用ソフト「ゼノブレイドクロス」発売が明日に迫っている。ゼノブレイドクロスの話はおいおい書いていくとして、今回は前作である「ゼノブレイド」の話をしたい。遡ること2010年、「J−RPG冬の時代」にWii用ソフトとして発売された「ゼノブレイド」は予想を超えた反響があり、国内外に多くのファンを生み出した。Wiiが生み出したゲームの最高峰の一つといっても過言ではないだろう(現在New Nintendo3DS用ソフトとしても販売されている)。かくいう私も発売日にこそ購入はしなかったものの評判を聞いて購入、その面白さにどっぷりハマってしまった(そのせいで何度か寝坊した記憶もあるが今その詳細を書くのは避けよう)。

ではゼノブレイドの何が面白かったのか。魅力歴なキャラクター、巨人の上に住んでいるという驚きの設定、どこまでも歩き回れる広大なフィールド、奥深い戦闘システム、胸を熱くするサウンド…どれもこのゲームを語るのに欠かせない要素だが、ここではストーリーとその手法について語りたい。おそらく多くの人はストーリーとは属人的な独特のセンスの上に成り立つものだと考えていると思う。しかしこの作品を触れたことを機に私はストーリーとは芸術ではなく、工学的な視点で考えることできるものだと理解した。そしてストーリーが生きるのは何も小説や映画、ゲームの中だけではなく、我々の仕事一般、人間の価値観とも強く結びついている。少なくとも私のような仕事の人間は知っておくべき「技術」である、というのが最近の自分の考えだ。以下の分析はスライドにまとめてどこかで発表する予定だったが、クロス発売記念ということでブログに残したい。

ヘイト(憎しみ)をコントロールする

ゲームに必要なものはなんだろうか。目標である。RPGでは目標を達成するために敵と戦ったり、冒険をしたりする。手近な目標を達成したら次の目標へ、これを繰り返すことで遊ぶゲームだ。そこで目的を見失ったら…プレイヤーはコントローラーを手放すだろう。しかしゼノブレイドは決して目標を見失わせない。

ゼノブレイドのうまいところ、それは敵がとにかく悪いことだ。平和に暮らしていた主人公たちの街を機神兵と呼ばれる敵ロボットが襲い、街は焼かれ、主人公は大切にしていたものを喪失する。ここで深い絶望をプレイヤーにこれでもかと味あわせる。だから主人公がこの街を出て、敵を追う理由がすんなりと理解できる(堀井雄二はドラゴンクエストヒーローズで同様の演出を行っている)。

あまりにも単純なことだがこれができていないことが意外と多い。例えばファイナルファンタジーのようなビッグタイトルではどうしてもストーリーを長くせざるを得ないため、「真の敵」を出さざるを得ない。しかしその真の敵がプレイヤーにとっても唐突な登場だと「この人誰?」となって興醒めしてしまう。またストーリーに "深み" を与えたいと言って敵を完全な悪ではなくしたりもする。その踏ん切りのつかなさが目標に向かう意味やモチベーションを削いでしまう。

目的の提示・解決・再提示、その過程で何を得、失うのか

このゲームの目的は街を焼いた敵を追いかけ、復讐することだ。そして場所場所で敵と戦いながら追いかける。どの場所でも敵は非道の限りを尽くす。主人公をはじめとした人間たちを簡単に殺し、虫けら扱いする(その煽りの見事なこと!)。主人公はそれでも戦うんだとタンカを切る。そこに盛り上げるようなアツい音楽!ゼノブレイドはこのタームをまるで週1で放映されるアニメのようにこれを繰り返す。結果主人公たちは目的を果たす。その中で何かを得て、何かを失う。得るのは「新しい仲間」「新しい能力」「新しい考え方」など、そして一方で「仲間の犠牲」「重要なアイテムの喪失」「今まで持っていた考えの否定」などが起こる。得たものは次の目標を達成するための重要な鍵となる。これがあるからプレイヤーは登場人物たちの “成長” を感じ取る。一方失ったものたちは次の目的へ進む理由、原動力につながる。仇打ちか、何かを取り返すのか…ともかくこの一連の流れを繰り返すことがゲームにおいてストーリーを進め、主人公たちの心象や行動に寄り添っていくことで物語に没入していく。

xenoblade_fig1.jpg

では敵を打ち倒したら?新しい敵の登場だ。もちろん自分は悪であるということを強く意識させるような振る舞いをしてスムーズに交代する。新たな悪役は一点の曇りのない悪に見えるよう努力しなければならない。このような次の目標へのヒキはマンガの手法に近い。ゲームは続きがすぐに遊べるが、連載マンガは1週間読者を待たせなければならないのだからゲームよりもっとシビアだ。

プレイヤーを導き、テーマを理解させる

このようなループを繰り返す中でテーマを語る必要がある。テーマが語られなければループする意味がないからだ。一連のループを経て主人公は何を得たのか?何が変わったのか?世界は何を失って何を得たのか?主人公の勝利は、主人公の主張の勝利を意味する。それがストーリーが一番伝えたかったことになっているはずだ。これ以外にもキャラクターの妙やゲームとの結びつけのうまさなど枚挙に暇がないがいつかの機会にとっておこう。

何もストーリーが関係するのは小説や映画、ゲームにとどまらない。何かモノを誰かに買ってもらおうとした時にもストーリーは付いて回る。この商品がいかに優れているか、いかに得かが直接購買者に語りかけることはない。購買者の後ろに流れるストーリーにどう関与するかではないか。個人的には今そういった視点をもっと掘り下げていく必要を感じて、小説を書くわけでもないのにストリーテリングの勉強を始めている。センスではなく、メカニズムでストーリーが作れるのなら大きな価値になるはずだ。

…とまあ難しいことは抜きにして。ゴールデンウィークぐらいゲームで遊ぼうじゃないですか。ゼノブレイドもゼノブレイドクロスもあることだし、遊んで勉強になるならこれ以上のことはないですよね?

結局 "新MacBook" どうなったの報告会

2015.03.10
overview_keyboard_on_large.jpg

とりあえず主観でMacBook周りをまとめます

  • MacBook
    • 名前はAirではない、がAirよりも薄くて軽い
      • 超薄い(13.1mm)
      • 超軽い(920g)
        • デザインに関してはよくここまでやったなと
    • 電源はやはりUSB-C、そして通信ポートも含めこれ一本!
    • キーボードはギリギリまで大きく
      • 薄いけどグラグラしないキーを自慢
      • バックライトは継続
    • 感圧タッチトラックパッド
      • 旧来のように押し込まず、圧力でクリック感知
        • Apple Watchも圧力感知ディスプレイですしね
      • 長押しなども新しい入力として採用される
        • なんかとバッティングしそうで若干不安だけど環境設定でON/OFFできるでしょ
    • もちろんRetinaディスプレイ!
      • 12インチ、16:10の2,304 x 1,440ピクセル
    • Core M。だから省エネ、省スペース、そしてファンレス
      • 当然スペックは犠牲になる。1.1GHzデュアルコアからのスタート
      • グラフィックはIntel HD Graphics 5300固定
    • カラーリング
      • シルバー、スペースグレー、ゴールド(!)の3色展開
  • 同時にMacBook AirMacBook Pro(Retina 13inch)もアップデート
    • ここで問題なのはMacBookとMacBook Pro(Retina 13inch)がほぼ同じ値段💸
      • スペックを取るか?スタイルを取るか?
  • なぜかアップデートされなかったMacBook Pro(Retina 15inch)
    • 理由はおそらくThunderbolt 3
      • Thunderbolt 3ではUSC-Cのような薄型・電源供給コネクタが策定されている(詳しい仕様はこちら
      • つまりMacBook Pro(Retina 15inch)では筐体デザインがさらに薄くなるはず
      • まさかとは思うが電源にThunderbolt 3採用とか…ハハハまさかな…
      • 発表は次のWWDC(6月)?
    • ちなみに5K伝送にもThunderbolt 3が必須なので、みんながお待ちかねのディスプレイも同時発表かもね
  • 円安の影響なのかMacBookシリーズはすべて値上げされている
    • 泣いた

で、どうすんの?

  • 心の中ではMacBookが欲しい
    • 現状のメインマシンがMacBoook Air (11inch, Early 2011)というだいぶボロスペック
    • なんでも軽い方がいい
    • でも1.1GHzデュアルじゃEarly 2011と大してスペック変わらんのじゃ?
      • まずはベンチマーク報告待ち
    • なぜか256GBからスタートの内蔵ストレージ
      • 128GBだったら絶対安くできたよね?ね?
  • MacBook Pro(Retina 13inch)はどうだ?
    • Intel Iris Graphics 6100になりグラフィック性能アップ
    • トラックパッドもMacBook同様新仕様に
    • しかしもう一度変身を残してる匂いがプンプン
      • 15inchという大ボスのアップデートは間違いないわけだし…

結論

  • 新機種即購入の予定が買えなくなりましたぞ!!😭
    • WWDC待ちますか…あと2ヶ月……

Apple Watchがファッション業界に擦り寄らなきゃいけないのは、腕時計を2個巻く人がいないから

2015.03.09

edition_large_2x.jpg

前提

・まず腕時計を2つつける人はいない。見たことない。
・いたとしてもかなりバカな印象ではある。

Appleは、Apple Watchを誰にまず使って欲しいか?

・キャズム理論じゃないが、Appleはまず影響力が高い人にApple Watchを使って欲しいだろう。
・ギーク系の人たちは頼まないでも勝手につけてくれるので放っておこう。

セレブを攻略する

・問題はセレブリティ。彼らは既に高価な腕時計を身につけている。
・彼らは高級腕時計とApple Watchどちらを身につけるべきか考える。
・なぜなら腕時計を2つ身につける人はいないからだ。
・そして腕時計は自らのステータスを象徴する。これは大きな問題だ。
・もし “高級腕時計” と “ギークのおもちゃ” が戦ったら…?勝つのは当然 “高級腕時計” だ!
・よってApple Watchは “ギークのおもちゃ” ではなく “高級腕時計” でなければならない。
・それも他の高級腕時計に太刀打ちできる、ないし上回る時計でなければならない。
・なぜなら腕時計を2つ身につける人はいないからだ。

Apple Watchの敵は

・Apple Watchの敵はAndroid Wareか?
・否、腕に装着されているあらゆるデバイスである。
・そして今一番多くの人の腕の上に居座っているのは、もちろん腕時計である。
・あらゆる人の「自分が持っている最高の時計」とApple Watchは戦い、勝たなければならない。
・なぜなら腕時計を2つ身につける人はいないからだ。

つまり

・席は一つしかない。
・なぜなら腕時計を2つ身につける人はいないからだ。


2015.03.10 11:22 追記


以下のようなご指摘をいただいた。



まず、本文は本田選手を貶める内容のものではないということをここに明言しておきたい。一方で本田選手は以下のような発言もしている


「いやなんでスマートウォッチを2つつけなあかんねん。その金を使って、Apple Watch Editionを買う、そういう考え方もあると思うんですよ。だって考えてみてくださいよ、ブラジルの選手腕時計2つつけてないでしょ。」

Archives

2015.06 2015.05 2015.04 2015.03 2015.01 2014.12 2014.10 2014.05 2014.03 2014.01 2013.08 2013.01 2012.12 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2012.05 2012.03 2012.01 2011.12 2011.10 2011.09 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01 2010.12 2010.11 2010.10 2010.09 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01

Feed

Category

Profile

  • akirafukuoka
  • AKIRAFUKUOKA(福岡 陽)
  • FICC inc.所属。Flashコンテンツ開発担当、でもデザインや企画まで手がけることも。
  • WebデザインブックマークサイトAnotherBookmark、Web制作系求人情報サイトMOREWORKSの制作も担当。
  • また趣味的にクラブイベントRaw-Fi 主宰も。当ブログよりモノ系・文化系に特化したRaw-Fi Blogも更新中。
  • ABOUT AKIRAFUKUOKA

Link